引き続き関東地方で相次ぐ大きな揺れ

リオデジャネイロ五輪が大盛況のうちに閉幕し、いよいよ2020年の東京五輪に向けてのカウントダウンが始まった。新国立競技場建設の件など、問題点も多く抱える東京五輪だが、開催するからには成功裏に終わらせたいとは、誰しもが思うところではないだろうか。

しかし、そんな東京五輪に向けて盛り上がる日本国内のムードに、水を差してしまいかねない懸案事項がひとつある。そう、来るべき大地震の脅威である。

8月31日午後7時46分頃、熊本県熊本地方でM4.9の地震が発生、熊本県宇城市・熊本市西区で震度5弱を観測した。この地震は九州の広範囲で地震が観測されている。あの熊本地震から4ヶ月以上が経過したものの、九州地方ではいまだ大きな地震が続いている。

そして先日7月22日のニュースでは、今年下半期に入り関東地方で地震が相次いでいるとお伝えしたが、その後も7月27日に茨城県の一部で震度5弱を記録する地震が発生。また8月19日にも茨城県沖を震源とした地震が起こり、こちらは最大震度4を観測するなど、なおも活発な活動が続いている。

とはいえ、震度4以上の揺れが相次いだ7月と比べると、8月に入ってからは、ややペースダウンしているようにも見える。ただ、活発な地震活動の後に静謐期間を挟んで、より大きな地震が発生するケースはよくあるだけに、それを考えるとなんとも不気味な動きであるといえるだろう。

ひずみが溜まる静岡県と伊豆諸島

では、地震の予測・予知のため日々研究を重ねている、民間団体の見解はどうだろうか。

測量学の世界的権威として知られる東京大学名誉教授の村井俊治氏が顧問を務めるJESEA(ジェシア・地震科学探査機構)は、南関東周辺を“震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高く緊急性がある”エリアとして、引き続きの警戒を呼び掛けている。

8月24日に配信されたメルマガ『週刊MEGA地震予測』によると、静岡県の賀茂において一週間で5.9cmという大きな変動(H方向)を記録したのをはじめ、伊豆諸島や静岡県などの各地点で4cm超の異常変動が見られたという。また地盤の隆起沈降に関しても、三宅島が隆起しているのに対し八丈島は沈降しているなど、各地で異常な動きが散見。特に静岡県および伊豆諸島においては、大地震発生の原因とされる“ひずみ”が溜まっていると分析している。

いっぽう、地震予知研究の第一人者・長尾年恭教授がCSOを務めるDuMAのメルマガ『DuMAの「地下天気図」』では、今年7月に関東地方で地震が続発したのと時を同じくして、伊豆諸島(八丈島の北西)でも、かなりまとまった地震活動があったと指摘。DuMAは「本当に関東地方の地震活動が変化してきたかは、あと1〜2か月様子を見る必要があります」と、今後の動向を慎重に見守るべきとしている。

9月1日は、災害についての認識を深めることを目的に制定された「防災の日」。このところ上陸が続いている台風への備えと併せて、大地震に関しても備えは万全かどうかを今一度確認するとともに、日頃からの情報収集も怠らずに続けていきたいものだ。

image by: Shutterstock.com

 

メルマガ『週刊MEGA地震予測』

フジテレビ「Mr.サンデー」「週刊ポスト」など数多くのメディアで取り上げられ、話題沸騰中・東京大学名誉教授村井俊治氏が顧問を務める、JESEAジェシア(地震科学探査機構)のメルマガ。

⇒詳細はこちら

 

メルマガ『DuMAの「地下天気図」』

地震予知のためには、まず現在の地下の状況(地震発生の状況)を知る必要があります。「地下天気図®」は、天気予報の天気概況に相当し、地震活動をわかりやすく可視化して将来を予測するものです。なおDuMAは東海大学と連携した情報発信会社で、委託研究等を通じて予知研究を推進する大学を支援していく他、専門家が地震発生時等には的確な解説も行っていきます。

⇒詳細はこちら

出典元:まぐまぐニュース!