ヒグチユウコ「ギュスターヴくん」2016年 白泉社より

写真拡大

銀座・ポーラ ミュージアム アネックスにて、画家・ヒグチユウコさんの展覧会「GUSTAVEくん by HIGUCHI YUKO」が、2016年10月7日(金)から11月20日(日)まで行われる。

繊細なタッチで独特な世界観を描き、女性を中心に高い人気を誇るヒグチユウコさん。彼女が醸し出すファンタジーは、ちょっとダークで可愛らしい世界。

緻密に繊細に、ペンで一つひとつ描かれる動物は、地球には存在しえない幻想的な生き物。顔は猫、足はタコ、手が蛇というギュスターヴくんと、ワニくんが登場する9月発売予定の新作絵本「ギュスターヴくん」(白泉社)の中から、厳選した書き下ろし原画を展示する。

さらに今回の展示会では、ぬいぐるみ作家 今井昌代と世界観を共有して制作した共同作品もあわせて展示。絵本のストーリー性を重視した新たなアプローチにより、空間全体でヒグチユウコの世界観を体感できる。

<会期>
2016年10月7日(金)〜11月20日(日)[45日間] 会期中無休

<開館時間>
11:00〜20:00 (入場は閉館の30分前まで)

<入場料>
無料

<会場>
ポーラ ミュージアム アネックス
(東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)

<作家コメント>
謎のいきものギュスターヴくんはなんでも好き放題。ギャラリーのなかでもおおあばれ
そんな自由なギュスターヴくんの世界を楽しんでいただきたいです。

<作家プロフィール>
ヒグチユウコ
画家・絵本作家。東京都在住。個展開催を軸に様々な企業とのコラボなどを経て現在はオリジナルブランド『Gustave higuchiyuko(ギュスターヴ)』を展開中。書籍には 『ふたりのねこ』『ボリス絵日記』(祥伝社)『せかいいちのねこ』『ギュスターヴくん』(白泉社)、『ヒグチユウコ作品集』『Museum』『ポストカードボックス100 アニマルズ』(グラフィック社) 、『すきになったら』(ブロンズ新社)などがある。

(2016年8月22日時点の情報)