みなさん、フィリピンという国にどのようなイメージをお持ちですか?

セブ島など、日本からのアクセスが良く美しいリゾートを多く抱えることでも有名な国。

筆者の住む香港には、フィリピン人女性がメイドの仕事をするために多く居住しています。彼女たちの生活は決して楽なものではありませんが、皆とても明るく、家族思いな人ばかり。

そんなフィリピンの新大統領であるロドリゴ・ドゥテルテ大統領が名実ともに「規格外」なのをご存じですか? 7月には、国民からの支持率がなんと91%にも達しました!

そこで今回は、ドゥテルテ大統領の桁外れな言動を3つご紹介します。

 

■1: 麻薬犯罪者を片っ端から射殺

ドゥテルテ大統領は、大統領就任後半年で犯罪と麻薬を撲滅すると目標を掲げました。「目標はあくまで目標」と認識してしまいがちな、日本の政治に慣れ親しんだ我々の頭を打ち抜くように、彼は片っ端から麻薬犯罪者を射殺、また一般人にも麻薬犯罪者の射殺を推奨し始めました。

射殺された人数は既に千人規模。それを恐れた麻薬に関与する人々の自首が相次ぎ、今では数十万人に達しています。

他の国では類を見ない過激な政策ですね。

一年後のマニラの治安がどう改善されているのかが今から楽しみです。

 

■2: 麻薬取引に関わった政治家や高官を名指しで批判

名前、言っちゃいました。

これには各国から「人権侵害」との批判も相次いでいます。また、自分は麻薬取引に関わっていないとして名前を挙げられた政治家や高官たちが大統領に抗議しています。

大統領は、「名前を挙げたリストの中には自分の友人も含まれる」と発言しています。

このように、やると公言したことをどこまでも貫く姿勢が国民に高く支持されているのでしょう。

実際、筆者の友人であるフィリピン人も、「正しいリーダーが現れた」とドゥテルテ大統領の就任を心から喜んでいました。

 

■3: すごいんだけど、かなり口が悪い

どうしても我慢ができないのか、あるいはそもそも我慢をする気がないのか。

恐らく後者だと思われるドゥテルテ大統領。使う言葉がとても過激なのです。過激すぎてビクンビクンします。

ここでご紹介するには過激すぎるものも多々ありますが、マイルド目なものであっても

「麻薬犯罪者の人権など気にしない」

「隣人が麻薬犯罪者なら殺していい。俺がサポートする」

などなど数知れず。日本の政治家なら絶対にしない発言ですね。

 

いかがでしたか? フィリピンの人口は着実に増えており、1億人を突破しています。また人口ピラミッドも、子供の人口が高齢者を上回る、美しいピラミッド型をしているため、将来にわたって更に人口が増えていくと予想されています。

大統領の言動がいろんな意味でケタ外れなため、人権面において国際社会からの目が気になるところではありますが、国民の支持率は今のところ抜群。

今後大統領が貧困問題にどのように取り組んでいくのかに注目です。

 

【関連記事】

同率2位韓国、フィリピン!「付き合った外国人の国籍」1位は…

※ 彼へのモヤモヤどうしてる?「不満があるとき」の賢い対処法4つ

※ 彼氏は大丈夫?「運気を下げまくり男子」がさりげなくしてるNG

※ やはり!脳内麻薬がどぴゅどぴゅ出やすいのは断トツで●月生まれ

※ 毎日リア充!女性にとって「恋人がいる凄い効果」が調査で判明

 

【参考】

※ 91% of Filipinos trust Duterte - Pulse Asia - PhilStar

※ Population Pyramids of the World from 1950 to 2100 - Population Pyramids

※ Rodrigo Duterte: Philippine President names, threatens officials over drugs - ABC

※ Rodrigo Duterte: ‘I don’t care about human rights’ - Aljazeera

※ ‘What did he just say?’ New Philippine President Rodrigo Duterte in his own words - South China Morning Post