大建工業(株)は、フランス・パリのインテリアデザイン見本市「メゾン・エ・オブジェ」(会期:9月2日〜6日)に初出展し、機械すき和紙畳おもてを表面の仕上げ材に使用した新しい家具「MOVING TATAMIS」(ムービング タタミス)を参考出品する。

 今回の出展は、同社の持つ機械すき和紙畳おもての用途拡大を目指して、新しい市場・領域での事業展開の可能性を探るため。「MOVING TATAMIS」は、日本文化と融合した作品を多く手掛けているフランス人デザイナーのジョゼ・レヴィ氏を起用して共同開発したもの。伝統的な畳おもての風合いと漆調の鏡面塗装を施した木材の組み合わせによる純和風のテイストを備えつつ、魔法の絨毯のように畳が動いて浮き上がったイメージを表現した。