GKコーチ変更も自身のやるべきことは変わらず GK東口順昭「今まで通り日々の練習からアピール」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は31日、9月1日(木)に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE代表戦に向け、試合会場となる埼玉スタジアム2002のグラウンドにて最終調整を実施した。

▽練習後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じたGK東口順昭は、この合宿から新たにチームに加わったエンヴェル・ルグシッチGKコーチについてや、自身の立ち位置について語った。

◆GK東口順昭(ガンバ大阪)

――新しいGKコーチについて

「選手ごとにメニューも違いますし、状態をあげるところと休ませるところがはっきりしているのでやりやすい」

――方向性の変化はあるか

「まだちょっとわからないが、GKの占める役割は結果を左右するとミーティングで言っていた。それぐらい重要なポジションであることを再確認させてもらった」

「他にもプレーの内容とか、個々に用意されているようだけど、まだ話し合いっていうのはない」

――GKコーチが変われば序列も変化すると思われるが

「僕の立ち位置的には、常にアピールしなくてはいけない立ち場。GKコーチが代わったからと言って、僕自身、特に変わることはない。今まで通り、日々の練習からアピールしていくしかない」

――最終予選は長い戦いになるが

「特に、最終予選は1点が勝敗を分けるような、もちろん簡単な試合はない。GKがイージーなミスをしているようであれば、勝てる試合も勝てなくなる。GKというよりも、後ろの責任感はより必要になってくる」