A代表での立ち位置を語るDF遠藤航「まだ定着していない人間」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は31日、9月1日(木)に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE代表戦に向け、試合会場となる埼玉スタジアム2002のグラウンドにて最終調整を実施した。

▽練習後、ミックスゾーンで取材に応じたDF遠藤航が、リオ・デジャネイロ オリンピックでの悔しさをバネにA代表定着を強く意気込んだ。

◆DF遠藤航(浦和レッズ)

──追加招集されたことについて

「追加でも選ばれたのはすごく光栄なこと。頭の切り替えは自分の中でできていた。A代表にまだ定着していない人間なのもわかっているし、外れた悔しさと追加で呼ばれたチャンスをモノにするという思いを普段の練習からアピールしなければならない」

──ケガ人が多いということで出場のチャンスもあると思うが

「自分はボランチやセンターバックだったりをできるが、今回はサイドバックのバックアップで呼ばれた。けれど、どこでもできるように準備するべきだし、今はどこで出るかっていうよりも試合に出させてもらって経験することが大事。最終予選という緊張感のある中でプレーできれば、自分も間違いなく成長できると思っている」

──リオ五輪を経験したことでA代表で変わったことはあるか

「オリンピックは予選敗退という結果に終わって悔しさが残ったが、ブラジル戦を含めてあの4試合は間違いなく次に繋げなくてはならないと思っている」

「あの悔しさをこのA代表で晴らしていかないといけないし、僕らU-23のメンバーが入ってきて、スタメンに定着していくぐらいでやっていかないといけない」

「僕も足りない部分は明確に見えたし、あの大会で自分を高めていかないといけないと感じさせられた。それをクラブでも、A代表でもその気持ちを忘れず、プレーに出していかないといけない」