トヨタ、新型軽乗用車ピクシス ジョイを8月31日に発売

写真拡大

トヨタは、新型軽乗用車ピクシス ジョイを、8月31日に発売した。
ピクシス ジョイは、生活に喜び・楽しさを提供したい、という想いから命名。軽自動車本来の魅力である低燃費・低価格に加え、スタイルやカラーなどデザインも追求している。ピクシス ジョイは、ダイハツからのOEM供給で全国トヨタ各販売店で販売する。

【ギャラリー】TOYOTA PIXIS (12枚)

<ピクシス ジョイC>

樹脂のガーニッシュ(フロント/リヤ)や大径タイヤ(165/60R15タイヤ)を採用、クロスオーバーを感じさせるエクステリアを追求

最低地上高を180mm(ピクシス ジョイF・ピクシス ジョイS比+30mm)とし、雪道や山道での走破性を確保
(単位 : 円)エンジン駆動トランスミッション価格*1
(消費税込み)C XKF(660cc)2WDCVT1,220,400"SA "1,285,200C G"SA"1,414,800C Gターボ"SA"KF[インタークーラーターボ付](660cc)1,517,400
<ピクシス ジョイF>

バンパーモール(フロント/リヤ)やサイドロッカーモールなど随所にメッキ加飾を施すことで、洗練されたエクステリアを演出

シート表皮には滑らかな触り心地のスエード調フルファブリックを採用し、上質な乗り心地に寄与
(単位 : 円)エンジン駆動トランスミッション価格*1
(消費税込み)F XKF(660cc)2WDCVT1,220,400"SA "1,285,200F G"SA"1,414,800F Gターボ"SA"KF[インタークーラーターボ付](660cc)1,517,400
<ピクシス ジョイS>

バンパー(フロント/リヤ)など専用エアロパーツの採用に加え、内外装の随所に赤色のアクセントを施すことで、スポーティさを強調

スポーティサスペンション(2WD車)やMOMO製革巻ステアリングホイール(7速マニュアルモード/パドルシフト付)などを採用し、スポーティな走りを追求
(単位 : 円)エンジン駆動トランスミッション価格*1
(消費税込み)S"SA"KF[インタークーラーターボ付](660cc)2WDCVT1,620,000
■トヨタ 公式サイト