中国が寄贈したジャイアントパンダの「アイバオ(愛宝)」と「ロバオ(楽宝)」を今年4月21日から一般公開している、韓国のテーマパーク・エバーランド内にある「パンダワールド」の来場者数がこのほど100万人の大台を突破した。

写真拡大

中国が寄贈したジャイアントパンダの「アイバオ(愛宝)」と「ロバオ(楽宝)」を今年4月21日から一般公開している、韓国のテーマパーク・エバーランド内にある「パンダワールド」の来場者数がこのほど100万人の大台を突破した。参考消息が韓国紙・聨合ニュースの28日付の報道を引用して報じた。

「パンダワールド」はオープンからわずか128日で、来場者数が100万人を突破した。エバーランド内の施設の中では、最短での来場者数100万人突破となった。

2014年7月に行われた中韓首脳会談において、中国が韓国にパンダをオスとメス一頭ずつ贈り、パンダの共同研究を行うことで合意。今年3月に、「アイバオ」と「ロバオ」が、中国四川省から韓国に到着し、エバーランドで暮らすようになった。

今年4月21日から一般開放された「パンダワールド」の敷地面積は7000平方メートルで、建築面積は3300平方メートル。パンダに関するイベントを開催するスペースや室内外の飼育エリアがある。(提供/人民網日本語版・編集/KN)