滋賀・大津パルコが2017年営業終了へ

写真拡大

 パルコが8月31日、滋賀県大津市に位置する大津パルコのアーク不動産への固定資産譲渡及び営業終了の決定を発表した。今年10月31日に物件を譲渡し、来年8月31日に大津パルコの営業終了を予定。なお同施設の営業終了日まではパルコが運営を行う。 大津パルコが営業終了の画像を拡大

 大津パルコは1996年11月から約20年間にわたって営業。近年は商業環境の変化に対応した営業力の強化や運営手法の効率化に取り組んできたが、同店を商業施設として現況で譲受するというアーク不動産側からの申出を受け、譲渡することを決定した。同施設は大津パルコの営業終了後、アーク不動産が商業施設として運営することを予定している。 パルコは今年度を次期中期経営計画で新たな事業基盤を構築する準備の年と位置付け、今回の営業終了は成長実現へ向けた事業戦略の一環としている。今年2月に札幌ゼロゲート、7月に仙台パルコ2をオープンし、9月10日には広島ゼロゲート2の開業を予定している。