【真っ白復活!】シャツにインクがついてしまった時の対処法

写真拡大

真っ白なシャツを着ると気が引き締まる。白シャツの悩みの種といえば、汚れやすいという点だ。いつのまにかペンのインクがついていて、ショックを受けたことはないだろうか。先日、筆者は袖口にインクの汚れを見つけてしまった。シミ抜きはスピード勝負だ。「教えて!goo」で対処法を検索してみると、「ワイシャツについたボールペンのインクを落としたい」という筆者の悩みそのままの質問を発見! のぞいてみた。

■ユーザー推奨のシミ抜きを実証実験!

「アルコール系よりもベンジンの方が落ちますよ。何の液剤を使うかはあなたの判断として、絶対にこすらないこと。インク汚れが広がります。叩いて落としてください」(hallisさん)や「時間がたつほど取れにくくなります。アルコール.エタノール等をさらし布に含ませてたたきます」(o24hiさん)など試してみたくなる回答が寄せられていた。気になったのはo24hiさんの回答。手順などもわかりやすいため、早速このシミ抜き法を試してみることに!

■100均やドラッグストアで揃っちゃうアイテムばかり

シミ抜きに必要なものは、アルコールまたはエタノール、綿棒、使い古しの乾いたタオルがあればOKだ。まず、綿棒にアルコールかエタノールを染み込ませる。次に乾いたタオルをしいて、シャツのシミの部分を綿棒で根気よくたたく。ある程度落ちたら、中性洗剤でもみ洗いをすれば、シャツの白さが見事に復活する。詳しい手順は動画でチェック!



ニコニコ動画で見る→bit.ly/2c0ZC0H

■クリーニング代節約に!

ポイントは根気よくたたくところだ。みるみる白くなっていくのがなんとも気持ちがいい。達成感もある。クリーニングに出す前に試してみるといいだろう。自宅シミ抜き貯金で新しいシャツをゲットしてみては。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)