HIV検査したことないの?ゲイじゃなくても知るべきエイズ問題

写真拡大 (全2枚)

鈴掛真の【ゲイだけど質問ある?】 vol.12

こんにちは、歌人の鈴掛真です。5・7・5・7・7の短歌の作家です。

みなさんはHIV・エイズについてどれだけ意識を持っていますか?
もしかしたら「同性愛者の病気」と考えている人もいるかもしれませんね。
けれど、決してゲイやレズビアンだけの問題ではないんです。
今回は、普段なかなか話題にしづらいHIV・エイズ問題に切り込みます!

詳しく知りたいけど、なかなか知る機会のない“同性愛”の話題。
【ゲイだけど質問ある?】では、オープンリー・ゲイの鈴掛真が、みなさんの気になる疑問・質問にお答えしていきます!

質問 【ゲイのHIV事情ってどうなの?】

ゲイの一人として受け入れ難い事実ではありますが……実際、HIV感染者の多くがゲイであることは統計に現れています。

厚生労働省エイズ動向委員会のデータによると、1985年から2015年までの30年間で、日本国内のHIV感染者は累計17,909 件。このうち、78.4%が日本国籍男性、58.0%が同性間のセックスによるものとされています。つまり、これまでの国内HIV感染者の半数がゲイということになります。これは大変だ……!!
参考:平成27(2015)年エイズ発生動向年報
http://api-net.jfap.or.jp/status/2015/15nenpo/15nenpo_menu.html

でも、だからってゲイ全員をHIVやエイズと結びつけて考えないでくださいね!!

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスセクシャル)は人口の7.6%、13人に1人といわれています。日本国内の人口1億2千万のうち、912万人がLGBTであると概算できます。
同性間のセックスによるHIV感染者の累計は10,379件です。これを、912万人のLGBTに換算すると、HIV感染者はたったの0.11%。
LGBTだけを集めたとしても878人に1人しかHIV感染者はいないんです。
みなさんが一生に出会うLGBTの数で考えれば、HIVに感染しているLGBTに出会う確率は限りなくゼロに近いでしょう。
 

なぜHIV感染者にゲイが多いのか

HIV感染者の半数がゲイである原因、それはずばりセックスにあります。
ゲイ同士のセックスは、異性間のセックスに比べてハードルが高くありません。
同性間であるがゆえに、それをロマンチックなものと考えず、男友達と「カラオケ行こうぜ〜」くらいのテンションでセックスしている人がとても多いんです。
セックスの機会が多ければ、HIVに感染する確率も上がるのは当然ですね。

けれどこれも、ゲイの一部での話。ゲイの全員がセックスに奔放なわけではありません。
むしろ、ゲイだからこそ異性愛者よりもしっかりとHIV対策をしている人も多いんです!
僕は、感染に繋がるような行為はしないようにして、かつ2年に1回くらいのペースでHIV検査を受けるようにしています。

HIV感染者にゲイが多いことは事実です。でもゲイにHIV感染者が多いわけじゃないことをぜひ覚えておいてください!!
 

みんな検査したことないの?ヤバくない?

「HIVはゲイの問題だから自分には関係ない」と安心していませんか?
HIV感染者のうち、異性間のセックスでの感染は26.8%です。決して無視できる数字ではありません。
それなのに、一説によると、日本人のコンドームの使用率はわずか42%なんだとか!
え? HIVうつるかもしれないよ? みんなバカなの??
参考:ラブコスメ
http://www.lovecosmetic.jp/column/condom/condom_4.html

僕が不思議でならないのは、若者のセックスに関する知識があまりに浅いことです!
以前、男友達が「中出しさえしなきゃ妊娠ってしないよね?」と本気で話していたことがあって、唖然としました。
いやいや、男どもよ、今すぐオナニーして自分の射精の一部始終を見てごらんなさい。
女性のみなさんはご存じないかもしれませんが、精液は男性が自身で“絶頂”と感じる瞬間の数秒前から溢れ出ます。
AV男優のマネして「でっ…出る!」とか言ってイク瞬間に女の子のお腹にかけてるかもしれないけど、もうその時は女性の中に数滴の精液が溢れ出た後かもしれないんです!
その程度の知識のヤツは性感染症のことなんて一度も考えたことないんだろうよ、どうせ。
女性のみなさん、男のイク瞬間を信用してはいけませんよ!!

「自分は特定のパートナーとしかセックスしないから大丈夫〜」と思ってるあなたも危険です!
僕は、たった一人とのセックスでHIVに感染した人に会ったことがあります。
自分が奔放なセックスをしていなくても、もしもパートナーがHIVに感染していたら、感染するリスクは充分にあるんです。

みなさん、性感染症検査は定期的に受けていますか?
え? 一度も受けたことないんですか?
コンドームを使わずにセックスしたことはあるのに検査を一度も受けたことがないって、結構ヤバくないですか?

セックスにはエイズだけでなく、淋病、クラミジア、梅毒など、様々な性感染症のリスクがあります。
もしかして「いつも会社の健康診断で血液検査してるし〜」とか思ってたりしませんよね!?
健康診断の血液検査では性感染症は発見できません。専用の検査を受ける必要があります。
最近では自宅で行える性病検査キットも販売されています。

HIV・エイズがゲイだけの問題じゃないことがおわかりいただけましたか?
エイズをはじめとする性感染症で大切なことは、『うつされないこと』と『うつさないこと』。
自分の身は自分でしか守れません。
それは同性愛者も異性愛者も同じなんです。
 

質問、お待ちしています!

鈴掛真の【ゲイだけど質問ある?】第12回、いかがでしたか?
次回は、【職場のゲイとどう接すればいいの?】という疑問にお答えしたいと思います。

みなさんからの質問も募集しています。
疑問やお悩みなど、気になるお話をお寄せください。
メッセージお待ちしています!

【今週の短歌】
ひとつでも
間違えたなら
話せない
11桁で
繋がっている
 

【ゲイだけど質問ある?】 バックナンバー

●vol.11 【ゲイとバイセクシャルってどう違うの?】
●vol.10 【同性愛者と異性愛者の恋愛はありえるの?】
●vol.9  【どうしてゲイにはイケメンが多いの?】
●vol.8  【女性にはまったく興味ないの?】
●vol.7  【どうしてカミングアウトしようと思ったの?】
●vol.6  【ゲイの息子を持つ親として大切なことは?】
●vol.5  【腐女子ってどう思う?】
●vol.4  【いつゲイだって自覚したの?】
●vol.3  【ゲイとオネエってなにが違うの?】
●vol.2  【そもそも同性愛ってどういうこと?】
●vol.1  【ほんとにゲイなの?】

鈴掛真プロフィール


鈴掛 真(すずかけ しん)歌人
愛知県春日井市出身。東京都在住。
著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。
雑誌『東京グラフィティ』で連載中。
Twitter・ブログでも短歌を随時発表中。

●Twitter http://twitter.com/suzukakeshin
●ブログ さえずり短歌
●オフィシャルWEBサイト http://suzukakeshin.com

Written by 鈴掛 真