練習後のミックスゾーンでは記者団の質問に真摯に答えていた長谷部。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 ハリルホジッチ監督は9月のワールドカップ・アジア最終予選に臨むメンバーから鹿島の金崎を外した。Jリーグの湘南戦で途中交代を命じられた際、石井監督に悪態をついた行為を許せなかったハリルホジッチ監督は、メンバー発表の席で次のように述べている。
 
「リストには入っていましたが、残念ながら前節に日本代表の候補であった選手が、あのような態度を取ってはいけないですね。これは日本代表の基準として全選手に伝えたいと思います。このような行動をとるとA代表には入れません」
 
 この懲罰落選については是非が分かれるところだが、キャプテンの長谷部はどう捉えているのだろうか。
 
「基本的にすべて、監督が決断すること。日本代表の強みは間違いなくチームワークとか、全員で戦う部分です。雰囲気とかは僕も気を付けています。なにかあれば、そういう時は監督が決断することだと思います」
 
 最終予選を勝ち上がるのはチームの“和”も重要。長谷部の言葉からはそんなニュアンスが読み取れた。