「離婚しなきゃよかった…」と後悔している女性必見!元夫と復縁する方法

写真拡大

「もう無理!」そう思って離婚したものの、元夫のいない生活を続けるうちに、多くの悩みを抱えるようになって離婚を後悔し始めた……という人もいるようです。

強くは感じていない人も、離婚後に感じている苦悩などを改めて考えてみると、「離婚しないほうが幸せだった」「復縁したい」と思えてくるものかもしれません。

そこで今回は、「やっぱり復縁したい!」そう思っている女性に、離婚後に復縁する方法をお伝えします。

 

■1:よくある離婚の原因とそれに伴う後悔

(1)価値観の違い

性格の不一致、すれ違いの生活など、よくある離婚原因が“価値観の違い”。

例えば、「休日は家でのんびり過ごすことが好きな人とアクティブに活動したい人とでは休日にすれ違うことが多くなって離婚となった」というケースを聞きます。これは、“休日に何を大切にしたいのかという価値観の違い”と考えられます。

一緒に生活をしていると、小さな価値観の違いが気になってしまい、気持ちが離れてしまって離婚に向かっていってしまうケースもありますが、元は他人同士が一緒になっているので違うのはある意味当たり前です。

「どうしてあんなことが気になったのだろう」「お互いにそれぞれ好きに過ごせばよかったのに」といった後悔につながる可能性があります。

(2)金銭感覚の違い

“金銭感覚の違い”も多く見られる離婚の原因です。

あればあるだけお金を遣ってしまう夫と、節約したい妻。夫は節約に励みたくないため、夫婦間でケンカが耐えなくなり、離婚に直結、ということも。

あとから落ち着いて考えると、「もっと話しあえばよかった」「きちんと向き合わずに、行動だけを見てイライラしていた」と後悔することも。

(3)産後クライシス

産後2年以内に夫婦に訪れる危機を“産後クライシス”といいます。産後になぜか夫に対してイライラすることが増えたり、八つ当たりのように怒りをぶつけたりすることも産後クライシスの特徴です。それらが引き金となって、夫婦の仲が険悪になり離婚に至るケースがあります。

産後クライシスによる離婚の場合、数年後、子どもが手を離れてきた頃に「あの頃はどうしてあんなにイライラしていたのだろう」と振り返ったときに後悔しがちです。

 

■2:離婚してから感じる苦悩

(1)子どもに対して

離婚すると、ひとり親になってしまうため、子どもに対してのフォローや責任を一手に引き受けなければなりません。そのため、「夫がいれば……」と離婚を後悔する機会も多くなる可能性が高いでしょう。

行事のときに「父親がいない子ども」の姿を見て、心苦しくなったり、夜中に突然子どもが高熱を出したときに心細く感じたり、苦悩を感じるタイミングもさまざまです。

(2)周囲からの偏見

周囲から、「離婚をした女性」として、「何か結婚に向いていないところがあるのだろう」と偏見の目で見られることで、つらい思いをするケースもあります。離婚理由はたわいもないことなのに、あれこれ詮索されるのもイヤですし、勝手なウワサが広まっていってしまう可能性もあります。

(3)将来への不安

「これから先また結婚できるのだろうか」「一生独り身で寂しく暮らすことになるのだろうか」と将来への不安はつきません。

些細なことが原因で離婚していればいるほど、「あの時、少しくらい我慢すればよかった」「もっとぶつかって解決していっていれば……」と後悔しきりという人もいるのではないでしょうか。復縁を考える大きなきっかけとなるポイントだといえそうです。

 

■3:復縁する方法

(1)離婚原因を振り返る

どうして離婚という結論に至ったのか、その原因を一度振り返って深く考えましょう。「どこが問題だったのか」「今後はどうすればその問題を解決できるのか」を考えられていれば、復縁後もうまくいく可能性が高まります。

また、可能であれば元夫とも一緒に考えて、お互いの認識を1つにしていくこともポイントとなります。

(2)お互いの気持ちを確かめる

復縁したいと強く願っていても、独りよがりの思いでは復縁はできません。連絡を取り続けているなら会う機会を作ってみましょう。会う回数を増やすことで、一度は冷めてしまった愛が復活する可能性もあります。

(3)親族や友人など協力者をつくる

元夫の親族や共通の友人など、協力者がいると復縁がスムーズにいくことがあります。第三者の目線から、復縁について意見してもらうこともできるため、冷静な判断をすることもできます。2人ではなかなか会いづらいときにも、他の誰かがいれば誘いやすくもなります。

 

いかがでしたか? 勢いにまかせて離婚してしまったときも、十分話し合って離婚したはずのときにも、振り返ると後悔する可能性はあります。

「離婚を後悔したときに、どんな行動を取ればいいのか」復縁のための方法を参考に、焦らず考えていきましょう。離婚後の復縁には、前回結婚したときよりも慎重な判断が必要です。じっくり考えて、それでも戻りたいと思ったら行動あるのみです。

 

【関連記事】

※ 3位性格の不一致よりヤバイ!経験者が語る「ガチの離婚理由」トップ5

※ 出産したら離婚の危機に!? 「産後クライシス」の原因と対処法

※ 2位リアルな悩みの生活費!世の妻が「離婚を踏みとどまる理由」圧倒的な1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ 下手したら下流老人に…!? 「将来の備え」のためすべき5つのこと

 

【画像】

※ gpointstudio / Shutterstock

※ VGstockstudio / Shutterstock

※ bokan / Shutterstock

※ Baliuk / PIXTA(ピクスタ)