(写真左から)日本交通の川鍋一朗会長、P&Gの伊東正明ヴァイスプレジデント

写真拡大

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G、神戸市)は2016年8月30日から、国内タクシー最大手の日本交通(東京都千代田区)と共同で、「クサくないタクシー」を利用者がスマホアプリで選んで乗れる、「ファブタク」サービスを全国1万3500台で開始した。9月29日まで。

日本交通はサービス向上のため、8年前から乗務員のモニタリングチェックを実施している。あいさつ励行やシートベルト着用のお願いは改善した一方で、車内のニオイは悩みのタネだった。「ファブタク」は送風口に車専用消臭芳香剤「ファブリーズ クルマ イージークリップ」を装着。さらにニオイ対策をとるよう乗務員に指導することで、快適な車内空間を実現した。

サービス開始日、日本交通の赤羽営業所にて「ファブタク出発式」が行われた。セレモニーに参加したのは同交通の川鍋一朗会長、P&Gの伊東正明ヴァイスプレジデント、臭気判定士の富樫真生さんの3人。彼らは車のニオイチェックを行い、基準をクリアしたと判断したタクシーの窓に「ファブタクステッカー」を貼っていく。認定を受けた「ファブタク」に乗務員が乗り込み、手を振りながら営業所を出発した。

「ファブタクのニオイ対策7箇条」はマイカーにも応用できそう

出車の直前、乗務員たちを前に「車内のニオイ対策講座」が催された。講師の富樫さんによれば、タクシーの車内のニオイはさまざまな形で持ち込まれ、空気の動きに伴って拡散していく。換気だけでとるのは難しく、ニオイを根本から消臭する必要があるとのこと。乗務員に示された「ファブタクのニオイ対策7箇条」は、一般のドライバーにも役に立ちそう。

クルマ用ファブリーズでニオイを根本から消臭乗務員は清潔な制服、洗いたてのYシャツを着用出車前の衣服のニオイチェックフロアマット・ゴミのない車内・濡れた雑巾を持ち込まないできるだけ車内での食事をしない喫煙休憩後、最低3分の間をあけ、制服をはたいたり、うがいや深呼吸するなど車内にタバコのニオイを持ち込まないこまめな車内換気

「ファブタク」は流しでも乗車できるが、無料スマホアプリ「全国タクシー」を使うことで指定配車できる。タクシー業界は過当競争が叫ばれて久しい。同交通は「タクシーを拾う時代からアプリで選ぶ時代」をキャッチフレーズに、ライバル会社との差別化を図る方針だ。

出発式でスピーチした伊東正明ヴァイスプレジデントは、アメリカ本社勤務時代に「ファブリーズ クルマ イージークリップ」を商品化した人物だ。デザインも自ら行い、「かわいい子どもの一つ」と愛情たっぷりに語った。

同商品は日本で車専用消臭芳香剤No.1のシェアを誇る。もっとも車専用消臭芳香剤を使う日本のドライバーは十数%にとどまる。市場に伸びしろがあると同社が考えていたところ、今回の話があった。「ファブリーズのある車内って快適だね」と認知してもらえるきっかけになる――と考えたP&Gは、同交通との提携を決めた。

「ファブリーズ クルマ イージークリップ」は、スカイブリーズ、クリスタルアクア、クリスタルシトラス、富良野ラベンダー、ダウニーエイプリルフレッシュなど10種がある。このうちファブタクに搭載されているのはスカイブリーズのみ。1種に絞った理由について伊東正明ヴァイスプレジデントは、「一番売れている商品ですので、(体験後に)買ってもらえる確率の高いものにした」と説明する。

ファブタクは31日間実施される予定。常備の可能性について記者から質問が飛ぶと、「我々としては365日、出来る限り多くのタクシーにご利用いただくのを最終目標としている」と、さらなる普及に意欲を示した。