30日、9月に行われるソウル安保対話には世界33カ国から高官が集まるが、毎年参加していた中国は今回参加しない可能性が高い。韓国が米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を決めたことが原因だとみられている。資料写真。

写真拡大

2016年8月30日、韓国国防部はソウル安保対話が9月7〜9日の日程で開催されることを発表した。世界33カ国から国防担当高官や民間の安全保障専門家が出席し、北朝鮮の核問題などの安全保障問題が話し合われる。環球網が伝えた。

ソウル安保対話はアジア太平洋地域の安全保障を議論する枠組みで、2012年から毎年開催されており、今年で5回目となる。今年は主要テーマ「挑戦と対策」の基に、北朝鮮の非核化と国際協調、海洋安保協調、サイバー安全保障と防衛協調の三つのテーマで議論が交わされる。

韓国・聯合ニュースによると、今年は米国やロシア、日本、英国など33カ国と五つの国際機関から国防を担当する高官が出席し、民間からも専門家が出席するが、これまで欠かさず出席してきた中国は、今年は参加を見送る可能性が高い。韓国国防部の関係者によると、中国にはすでに招待状を送ったものの、いまだ返答がないという。韓国が米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を決めたことが原因だとみられている。(翻訳・編集/岡田)