これだからママはやめられない!キュン☆とする子どもの一言コレクション

写真拡大

毎日バタバタ忙しく子育てをしているママ。ふとした瞬間に「ママ、だいすき!」など、子どもから嬉しい言葉をもらえたりすると、キュンキュンして思わずハグしてあげたくなっちゃいますよね!

そんな胸キュンものの一言を、100人のママにアンケートをとって聞いたところ、まさにママ冥利に尽きるステキな言葉がたくさん集まりましたよ☆
ママ、だぁーいすき!
・「まだ1歳くらいでしたが、『お母さんのこと好き?』と聞いたら、『しゅき』と言ってくれました」

­

・「はじめて幼稚園で『お母さんのために頑張って書いたよ、お母さん大好き』と母親参観で似顔絵を披露してくれた。」

­

・「子供が小さい時に『ママ、だいぶきん(大好き)』と台ブキンと大好きを言い間違えたところが可愛くてたまりませんでした」

­

・「息子が4歳の時に初めて幼稚園の女の子のお友達からラブレターをもらった時に、『ママのほうが好きだけどね』って言ったのを聞いて胸キュンでした」

­

子どもはママが大好きです。普段は言わなくても、ふとした拍子に「ママ、すき」と言ってくれるだけで、もうキュンキュンですよね! 小さいお子さんが舌っ足らずな口調で「しゅき」「だいぶきん」なんて言ってくれたら、疲れが吹っ飛びそうです。
いつもありがとう!
・「2歳の息子がやんちゃばかりして、ほとほと疲れ果てて泣きそうになったとき、急に神妙な顔をして『ママ、いっつもありがとう、いっぱいありがとう』と舌ったらずに言ってくれた時」

­

・「どこで覚えたのか、3歳の子が食事後食器をキッチンまで運んできてくれて、『ごちそうさま!!ママ!!ママのご飯っておいしい!!全部全部おいしい!!』と急に言ってくれた」

­

・「『ママいつも洗濯してくれてありがとう』まだ息子が2歳の時の話です。毎日のトイレトレーニングで洗濯物は山のよう。保育所からも大量の洗濯物を持ち帰ってきてました。洗濯物を干していると子供が一言。こんな些細なことでもありがとうが言える息子に感動しました」

­

「ありがとう」という言葉にキュンとした、という回答も多く寄せられました。感謝が伝えられるお子さんってステキですよね。ごはんがおいしいとか、洗濯してくれてありがとう、などなど、日々当たり前になっていることでも、改めて「ありがとう」と言われると、本当に嬉しいものです。子どもは、家事や育児、仕事に全力で頑張っているママの姿を、しっかり見ているんですね。
疲れたママを、ちゃんと見てるよ!
・「双子の男の子がいるのですが、家事と育児に疲れ果ててしまい日中、泣いてしまったことがあります。すると急にふたりとも寄ってきて、頭をなでなでしながら、『大丈夫だよ』と言ってくれた時、きゅんとしました」

­

・「私が赤ちゃんの夜泣きや世話で疲れきっているとき、2歳の息子が私の頬を小さな手で包み『大丈夫?ミルク飲んだら○○ちゃん寝るから、もう少し頑張ってね!お願いね!眠ったらママも休んでね!お願いね!』といわれたとき胸キュンと同時に涙が出ました」

­

・「いつもはやんちゃでお母さんのことなど、下僕くらいにしか思っていない2歳児。その日はたまたま体調が悪く寝込んでいると、ただ寝転がっている時とは違う様子に気づいたのか普段より静かに近寄ってきて『いたい、いたいねぇ』と言いながらお腹をさすってくれた」

­

疲れ切っているママをやさしく気遣う「大丈夫だよ」「もうすこし頑張って」「いたい、いたいねぇ」の一言。これでどれほど癒されることか!子どもの何気ない一言で救われ、また元気がもらえることって多いですよね。2人目育児中のママの、2歳のお兄ちゃんの一言がけなげすぎて、読んでいるだけで思わず涙が出そうです…。