自分が幼い頃、やってみたいことがたくさんあって毎日輝いていたような気がしませんか? でも今は…。メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』で中部大の武田教授は、その原因の一端は国家が推し進める今の「均一主義」的な教育制度にあると断言。「テストなし、合格点なし、大学受験全廃」という自身の主張を掲げ、未来を担う子どもたちの未来の在り方について提言しています。

著者が「テストなし、合格点なし、大学受験全廃」を主張する理由

均一主義の間違った考えは高等学校、大学と進むにつれて激しくなり、テストを行い、全員に同じ合格点を求める。そんなのは教育ではない。高校の野球部の男子は130キロの投球ができるが、慎重の小さな女子は100キロも投げられない。だからといって女子に130キロを合格ラインとして求めれば合格しないだろう。

理科が得意、英語が苦手などもまったく同じだが、投球のように目に見えないので平気で「均一主義」が行われている。著者の経験では数学や電気ができる子供は英語は不得意だし、英語や国語が得意な女子高校生は得てして数学や電気が弱い。このように言うと「そんなグループ化は良くない」と反論されるが、別に差別でもなんでもなく、個性を尊重しているに過ぎない。

機械や電気が得意な男子学生に英語を勉強させると機械や電気の成績が悪くなる。「コミュニケーションが大切」などとよく考えないで言われるが、ある学生はコミュニケーションが得意、ある学生は人との話が苦手で何が問題なのだろうか?このような議論の多くは、有ることを主張する人が「自分ができる」というだけで他人に苦痛を押しつけていることが多い。

著者は「テストなし、合格点なし、大学受験全廃」を主張している。一つ一つには論理と経験に基づいていて、決して思いつきではない。そしてその基本は、若い日本人が子供から大人になる過程で受ける「教育」を、「辛いもの」から「楽しいもの」にすること、「人間は共生されなくても、自己実現のために努力する」という信念である。

「赤ちゃんの時の意欲を20歳まで」というこのデザインのどこが悪いのだろうか?それが実現しないのは、「教えられる方の子供のこと」より、「均一な能力を持つ若者を作ることが国家にとって大切だ」という国家主義が上位にあることと、さらには「未熟なものをいじめよう」という人間の奥底にある汚れた心によると思っている。

「学生は勉強するべきだ」と言う人もいる。でも、なぜ学生だけが勉強しなければならないのか、同じ年齢で就職している人は、なぜ仕事が終わったらお酒を飲んでもよいのか?と聞いても満足な回答は得られない。特に私立大学で授業料を払い、18歳から22歳まで運動をするのが目的でも、友人を作るのでも、それは学生個人の人生の計画を尊重しなければならない。勉強したい学生は勉強するし、それで十分と著者は考えている。

100年の計の基本は日本人が豊かでたのしく、幸福な人生を送ることにある。

現代の教育制度、学校運営、テスト、受験などは本当にそれを目的として行われているのだろうか?

(続きはご登録の上、お楽しみください。初月無料です)

image by: Shutterstock

 

『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』より一部抜粋

著者/武田邦彦

東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。メルマガで、原発や環境問題を中心にテレビでは言えない“真実”を発信中。

<<無料サンプルはこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!