31日、韓国統一部報道官は記者会見で、北朝鮮の金勇進副首相が処刑され、金英哲統一戦線部長が革命化措置を受けたと明らかにした。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は平壌。

写真拡大

2016年8月31日、韓国・ニューシスによると、韓国統一部の報道官は同日の記者会見で、北朝鮮の金勇進(キム・ヨンジン)副首相が処刑され、金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部長が革命化措置(思想教育)を受けたと明らかにした。

韓国政府関係者によると、金勇進氏は6月29日に開かれた最高人民会議で、姿勢の悪さを指摘されたことが発端となり国家安全保衛部の調査を受けた結果、「反革命分子」と見なされ、7月に銃殺刑が執行された。また、金英哲氏は高圧的な態度で権力を乱用したことが原因で、7月中旬から約1カ月間、地方の農場で革命化措置を受けたという。政府関係者は「金英哲が復帰し、忠誠心を見せようと韓国に対して強硬な態度を示す可能性が高いため、今後の動きを注視している」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「北朝鮮は500年前の朝鮮時代を生きているの?」

「次々に処刑し、最後は金正恩(キム・ジョンウン)だけが残るのだろう」

「姿勢が悪いだけで銃殺される国でどうやって暮らすの?」

「北朝鮮の国民は『いつ殺されるか分からない』とびくびくしながら生きているのだろう。クーデターを起こすべきだ」

「会議中に居眠りをする韓国の国会議員たちは反省してほしい。北朝鮮に行ったら、ほとんどが処刑されるだろうな」

「確かに姿勢は大事。銃殺はさすがにやり過ぎだけど。一体どんな姿勢を取っていたんだ?」

「根拠は?確かな情報なの?後でひょっこり現れたりして…」(翻訳・編集/堂本)