脱ヨレヨレ!正しい洗濯でお気に入りのTシャツを長持ちさせる方法

写真拡大

伸びてしまったTシャツを着ているとダラシない印象を与えてしまします。とはいえ新しいTシャツばかり着るわけにはいかないですし、何よりお気に入りのTシャツは長く着たいものですよね。そこで普段の洗濯のなかで、Tシャツに与えるダメージを減らし長持ちさせるための方法を紹介したいと思います!

■ Tシャツを洗濯する際の注意点!

◎ 洗濯物は小分けにする

面倒臭がって、洗濯機にまとめて大量の衣類を入れてはいませんか?衣服がこすれあってダメージの原因となってしまいます。一度に洗濯機に入れるのは少量の衣類にして、その分こまめに洗濯機を回しましょう。

◎ Tシャツは裏返しにして洗濯しよう

色あせ防止にはTシャツは裏返しに洗濯することがおすすめです。またTシャツを裏返しにしておくことで、表面のプリント部分へのダメージも軽減することができます。

◎ 裾や袖へのダメージを防ぐなら洗濯ネット!

裾や袖はダメージがかかりやすい部分。裾や袖が伸びてしまったTシャツはなんともかっこ悪いものです。洗濯機で洗う際のダメージを軽減するには、洗濯ネットを使用することがおすすめ!またネットには詰め込み過ぎず余裕を持って入れてください。

◎ 漂白剤は使わない!

いくら汚れを落としたいからといって漂白剤を使うのはNG!漂白剤は色移りやプリント部分の劣化の原因となります。漂白剤ではなく、中性洗剤を使うようにしましょう。

■ Tシャツを干す際の注意点!

◎ ハンガーはできるだけ使わない

ハンガーを使うと襟の部分に荷重がかかり、伸びの原因となります。できるだけ洗濯バサミを使い、袖のほうを挟んで干すようにしましょう。

◎ ハンガーを使うなら二つ折りに!

どうしてもハンガーを使わなければというときは、胴の部分から二つ折りにしてハンガーにかけるようにしましょう。襟へのダメージを防ぐことができます。

◎ 直射日光を避けよう!

直射日光は、プリント部分の劣化や色あせにつながります。洗濯物は風通しのいい日陰に干しましょう。一番良いのは乾燥機。臭いや雑菌も付かないですし、伸びの防止にもなります。

■ Tシャツ以外にも!

今回はTシャツにフォーカスして書きましたが、ほとんどはTシャツ以外にも言えることです。お気に入りのものを洗濯したり干したりする際は、なるべくダメージを与えないように注意しましょう。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・LS2016 編集:nanapi編集部)