子どもが「愛されている!」と実感する、声に出したい“魔法の言葉”5つ

写真拡大

突然ですが、お子さんにちゃんと愛情、伝わっていますか?

親の学歴・所得に関係なく「学歴&幸福度の高い子ども」に育てる2つの条件

あまり愛情を実感できない状態が続くと、取り返しのつかないことになるかもしれません……。

内閣府が平成10年に行った一般少年と非行少年を対象に行った青少年育成に関する調査研究で、「親から愛されていないと感じる(よその家に生まれてきたらよかったと思う)」者は小学・中学生で4割にのぼります。

さらにその割合は、非行少年の方が大幅に上回ったという結果が出ているのです。

つまり、「子どもが親に愛されていない」と感じることが、非行につながる可能性を示唆しています。

親がどんなに愛していたとしても、それが子どもにちゃんと伝わっているかは別問題です。

そこで今回は、個性幼児教育専門家の赤井理香が、子どもが「自分は親に愛されている!」と実感できる言葉を5つご紹介します。

1:「いつでも味方よ」

子どもは、世の中に絶対的な味方がいると思えると、様々なことに挑戦する勇気や、前向きに生きるエネルギーが出てきます。

集団生活が始まると、友だちとケンカすることもあれば、先生に叱られて自信をなくすこともあるでしょう。

そんな時も、「いつでも味方よ」という言葉を聞くと、親から自分への揺るぎない愛を感じて、また、立ち直っていくことができるのです。

2:「もっと聞かせて」

子どもは、親に話を聞いてもらうのが大好き! それは、普段あまり話さない子どもも同じです。

「うちの子は全然話してくれない」「何にも話してくれない」という場合、もしかしたら無意識に親が話をさえぎったり、子どもの話に対して求められてもいないアドバイスをしたりしているからかもしれません。

「受容されている」という安心感があるからこそ、話したくなるのです。

その受容感を抱かせるのが、「もっと聞かせて」の一言。これは、根掘り葉掘り、その日にあったことを聞き出すこととは違います。

無理やり話させたくなる時の親の気持ちは心配であって、受容ではありません。

子どもがふと話し始めたら、子どもと目を合わせて、笑顔で相槌を打ったり、話を促したりしてあげましょう。

親に、「もっと聞かせて」と言われることで、「お母さんは私に興味を持ってくれている」「しっかり話を聞いてくれる」と、子どもは親に受け入れられていることを知ります。

子どもが、親に受け入れられ、愛されていると伝わるのが、「もっと聞かせて」という言葉なのです。

3:「信頼しているよ」

信じるということは、大人でも難しいことだと思います。

でも、人が心から欲しているもの。それは、子どもも同じなのです。

いつも親に心配され、口を出されていると、その裏の心理に隠されている「お母さんは私のこと信じてないんだ」「僕はダメな子なんだ」というメッセージを受け取ってしまいます。

もちろん、親としては、子どもがかわいいからこそ心配にもなるのですが、子どもが親の愛を受け取るのは心配ではなく信頼です。

親から、「○○ちゃんのこと、信じているよ」「○○くんなら、きっと大丈夫!」と言ってもらえる。

それだけで、子どもは「自分は親から信頼されている」と感じることができ、親の信頼に応えるためにも、自分のことを大切に扱うことができるようになるのです。

4:「よく頑張ったね」

子どもの毎日は、初体験や挑戦の連続です。その中では、上手くできることもあれば、失敗することもあります。

そんなとき、親が結果ばかりに目を向けてしまうと「どうせお母さんは100点取らなきゃほめてくれないんでしょ」など、親は結果が全てだと思ってしまいます。

小さい時から、結果ばかりに目を向けず、過程に目を向けるようにしましょう。

人と比べてほめたり、結果の出来不出来についてほめたりするのではなく、昨日と比べて頑張った部分、一生懸命やっていた姿勢など、その過程に対して「よく頑張ったね」と、声をかけてあげましょう。

そうすることで、「お母さんは、頑張った僕を見ていてくれたんだ」と、次への自信につながり、親の深い愛情も伝わります。

5:「◯◯ちゃんを愛しているわ」

究極的に親からの愛が伝わる言葉は、やはりこれです。

日本人は察する能力が高い民族と言われ、無言であっても伝わることをよしとする文化がありました。

そのため、「好き」とか「愛している」ということに慣れていない人が多く、子どもに対してもちゃんと伝えていない親御さんも多いようです。

でも、言葉で伝えるということは、とても大切なのです。

子どもは、親からの「愛している」「大好き!」の言葉が大好物! しっかり伝えましょう。

その時、一つだけ注意点があります。

「お手伝いしてくれる◯◯ちゃん大好き」「いい子だから愛しているわ」など、「好き」や「愛」に条件をつけないでください。

本来、親は無条件で子どものことを愛しているもの。

「どんな◯◯ちゃんでも愛しているわ」「ママのところに生まれてきてくれてありがとう!大好きよ」など、子どもの存在そのものに対して愛を伝えましょう。

普段の生活の中で、少し意識して愛が伝わる魔法の言葉を、お子さんにたくさんかけてあげてくださいね!

<参考記事>非行原因に関する総合的研究調査(第3回)