通常時は一般的なスチールドアと同じように開閉でき、浸水時は簡単な操作で止水ドアとして機能を発揮することができる(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全3枚)

 文化シヤッターは30日、高さ3mの浸水に耐えられる止水ドア「アクアード」に、広い開口部に対応した「両開きスチールタイプ」と錆びにくい「片開きステンレスタイプ」を新たに追加し、9月1日より発売することを発表した。

 「アクアード」は、通常時は一般的なスチールドアと同等の軽い力(開閉力50N)で開閉でき、浸水時は扉に装備されている「止水グレモン」を引き上げる等の簡単な操作で、浸水防止用設備として機能する止水ドア。

 浸水防止機能の仕組みをみていくと、「止水グレモン」を引き上げることで扉が枠に密着し、「止水グレモン」と「止水レバーハンドル錠」が扉との接合部や鍵穴の隙間からの漏水を防止するというもの。加えて枠に一般的なエアタイトゴムと「止水ゴム」を採用するなどの独自構造により、ドア全体が水没する3mの浸水時でも屋内側への漏水量は20リットル/(h・m2)以下(※数値は実験値)と高い止水性能を発揮する。

 従来の「片開きスチールタイプ」に加えて、機械室の出入り口など広い開口部に対応した「両開きスチールタイプ」と、港湾施設の塩害対策として錆びにくい「片開きステンレスタイプ」を新たにラインナップに追加したことで、ユーザーからの要望に幅広く対応することが可能になった。

 また、「アクアード」は建築基準法で定められた特定防火設備に適合しているため、防火扉としても使用できるとのこと。

 企業や自治体の施設・建物でのゲリラ豪雨や台風などによる浸水被害を想定した、BCP対策の1つとして、普及が見込まれる。

 参考価格は「両開きスチールタイプ」幅1,800mm×高さ2,100mmで2,387,000円、「片開きステンレスタイプ」幅900mm×高さ2,100mmで1,641,000円(いずれも消費税、取付工事費および運搬費含まず)。2016年度はアクアード全体で2億円の売り上げを目指す。



■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI