日本と中国を比べると似ている点もあれば全く異なっている点もある。例えば外見は非常に似ている特徴の1つだが、日中の社会は大きく異なり、例えば中国の店員が客から受け取った高額紙幣を本物かどうか確かめる習慣などは日本にはない。しかし時に注目に値するのは、日中の異なる状況より、「真逆である」状況のほうかもしれない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本と中国を比べると似ている点もあれば全く異なっている点もある。例えば外見は非常に似ている特徴の1つだが、日中の社会は大きく異なり、例えば中国の店員が客から受け取った高額紙幣を本物かどうか確かめる習慣などは日本にはない。しかし時に注目に値するのは、日中の異なる状況より、「真逆である」状況のほうかもしれない。

 中国メディアの捜狐はこのほど、中国ではオンラインショップが実店舗を駆逐しつつあるのに対し、日本では実店舗が生き残ることができていると指摘し、「なぜ日本の実店舗はオンラインショップに対抗できるのか?」と問いを提起している。

 記事は、日本の商業施設は「休日になると人でいっぱいになる」と説明、その理由として日本のある人気商業施設経営者のコメントを引用し、「最も重要なのは消費者が寄りたい場所にすることであり、ショッピングはそのついで」というコンセプトで運営を行っていると紹介。日本の消費者たちは「価格よりウィンドウショッピングの楽しさを重視する」という調査結果を紹介し、生き残ることができている商業施設は「単にモノの売り買いをする場」ではなく、客にウィンドウショッピングというエンターテイメントを提供しているということだ。

 一方で中国の実店舗について記事は「モバイル・インターネットの直撃を受け、四川省成都市ではすでに1万もの実店舗が倒産した」と紹介。さらに記事は外観は立派でも内部は閑散としたいくつかの巨大商業施設の写真も掲載。店舗家賃や人件費の圧力という要素に加えて、「中国人の消費ニーズの変化に適応できていない」ことが実店舗が苦境に直面する最も重大な理由であると分析した。

 つまり日本の商業施設はウィンドウショッピングを楽しみたいという消費者の需要を鋭く意識した商業施設コンセプトを有しているのに対して、中国の商業施設は消費者の需要に鈍感なことが非常に大きな課題であるというのが記事の要点になる。「喜んで遊びに寄れる場所にする」には、訪れる客に対する細やかな気配りをはじめとして、様々な年齢層、様々な立場の人々が楽しさ感じることができる機能やデザインを商業施設に取り入れる必要がある。こうした細やかな配慮は中国人には苦手なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)