日本と中国両政府の政治的な対立がクローズアップされ、両国民間の感情悪化や交流への影響が再び懸念される。しかし、政府的な関係冷却化の中でも民間交流も取り組みは着実に進んでいるのだ。(写真は甘粛省の中国丹霞の景観、写真提供:123RF)

写真拡大

 日本と中国両政府の政治的な対立がクローズアップされ、両国民間の感情悪化や交流への影響が再び懸念される。しかし、政府的な関係冷却化の中でも民間交流も取り組みは着実に進んでいるのだ。

 中国メディア・中国新聞網は29日、「日本人が12年かけて甘粛省の荒れた山に造林を行った」とする記事を掲載した。記事は、甘粛省蘭州市で2004年から12年間行われてきた「日中緑化プロジェクト」が29日に完了したことを紹介。同プロジェクトが秋田県の林業関係者らが500万元(約7660万円)あまりを投じ、同市七里河区にある荒れた山林4360.5ムー(約2908ヘクタール)に73万株の苗木を植える造林作業を行ったものであると伝えた。

 秋田県は中国の改革開放初期にあたる1982年に甘粛省と友好都市関係を結んでいる。記事は、双方が35年に及び文化、教育、環境保護、医療、人材育成などの様々な分野で広く協力を行ってきたと説明している。そして、プロジェクトに参加したあきた白神の森倶楽部・大高一成理事長が「04年に初めて蘭州に来た時、荒れた山だらけだった。どうして造林や緑化ができないのか、と思った」と当時を振り返って語ったこと、今後さらに同省天水市の植樹活動を進めることを明かしたことを紹介した。

 さらに、中国側の反応として甘粛省人民対外友好協会の劉暁林副会長のコメントを紹介。生態環境が脆弱な当地において「日本の友人が苦労を恐れず、報いを求めず、甘粛省で緑化プロジェクトを進めたことは、人びとを敬服させ、感動させた」とし、植えられた苗木が「必ずや両国の代々にわたる友好の象徴になると信じている」と語ったことを伝えた。

 15年ほど前、中国の郊外にある山間地域で、あらわになった山肌が鮮やかな緑色に塗られているのを見て、「これが中国なのか」と大きな衝撃と違和感を覚えた。ネット上を探してみると、いまだにこの浅はかな行為を働き、見栄えだけを良くしようとする輩がいるようだ。荒れた山に樹木を植えて育てるという事業が成果を出すには、10年、100年という長い期間が必要になる。植えて終わりではなく、様子を見たり適切な措置を取ることも必要だろう。このような事業が今の中国社会に教えることは、決して少なくないはずだ。(編集担当:今関忠馬)(写真は甘粛省の中国丹霞の景観、写真提供:123RF)