中央戯劇学院昌平キャンパスでは、先日2016年度の入学手続きが行われた。

写真拡大

中央戯劇学院昌平キャンパスでは、先日2016年度の入学手続きが行われた。今年同校は新入生597人が入学し、そのうち50人(中外合作クラス含む)が演劇学部だ。新入生には入学祝いとして特別に装丁された同学院の生徒必読の脚本60冊のセットが配布された。中国青年網が伝えた。

【その他の写真】

初秋のキャンパスでは、至るところで目の保養とも言うべきイケメンや美女がひしめいていた。新入生は決まり通りの入学手続きを終えると大学側から入学祝いとして特別に装丁された同学院の生徒必読の脚本60冊のセットが配布された。これらは同学院の専門教師が厳選した脚本の数々で、古代ギリシャ三大悲劇作家の名作だけでなく、西洋の近代著名作品や、中国の古代劇曲、近現代の話劇も収録されている。

同学院の学生課の教師は「脚本は同学院が厳選した作品で、一般向けに販売されていない。中国には数多くの芸術系大学があるが、脚本を必読としているのは我が校だけだ。生徒たちの基礎を鍛えるため、しっかり練習しなければならない」と語った。(編集TK)