お盆の風習として、ナスに割りばしを刺して牛に見立てる「精霊牛」。4本足であること以外は牛に見えないのが、正直なところだろう…。

 現在Twitter上では、調理過程のナスがある動物に似ていると話題だ。

 皮をむいただけで、シャチそっくりになったナス。マーボーナスとして調理されたようだ。

 Twitterユーザーからは、精霊牛の代わりにシャチで先祖を見送るという妄想や、表面のツヤや手触りが似ているという意見が寄せられた。

 好き嫌いを克服できるかは不明だが、子どもと一緒に料理をするときに見せれば、喜ばれるかもしれない。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら