小池百合子知事はきょう31日(2016年8月)、11月7日にオープン予定の東京卸売市場の豊洲移転を延期すると発表した。「あさチャン!」は小池都知事が地下水や土壌の汚染調査が終わらないうちの移転について、「一歩立ち止まって考える。安全を確認して、きっちりした形で行うべきだ」と疑問を投げかけていたと取り上げた。

仲卸業者も真っ二つ

東京都が移転を急いだのは、築地の跡地に東京オリンピックの会場と選手村をつなぐ環状2号線を通すためといわれる。市場移転が延期となれば、開通がオリンピックに間に合わない可能性も出る。移転賛成派の仲卸業者は設備のリースや引っ越しの契約をすでにしており、「不安はあるけど、年内移転が一番いい」と語る。反対・慎重派からは「移転反対ではないがむずかしい」「築地の古さに味がある。貴重なものだ」という声が聞こえてくる。

藤森祥平アナ「現場は複雑ですね。いつまで延期するのですか」

牧嶋博子(TBS解説委員)「汚染の調査結果は1月に出ます。繁忙期や年度変りを考えると、移転できても2月か5月で、稼働のないまま3か月延期なら6億円、6か月で12億円の維持費かかることになります」

豊洲市場の建設費が当初予算4000億円台から5300億円に膨らんだ問題もある。