有村架純

写真拡大

映画『何者』の完成披露舞台挨拶が8月30日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之、そして三浦大輔監督が登壇した。劇中、佐藤演じる拓人と、菅田演じる光太郎の間で微妙な恋愛模様を繰り広げる端月を演じた有村は「客観的にみると『あかんな〜』と思いました」と自身が演じた役柄に突っ込みを入れていた。

この記事(『何者』完成披露舞台挨拶)のその他の写真

端月への想いを秘めつつも、気持ちを抑えながら接する拓人に対し、恋人である光太郎との恋愛について相談してしまうような役柄を演じた有村。「端月は拓人の気持ちに気づいていませんからね」と前置きをしつつも、前述の発言。

端月から思いを寄せられる光太郎役の菅田は「みんなの健くんよりモテるという設定は大変でしたよ」と愚痴をこぼすが、本読みの際、有村に「光太郎のどういうところが好き?」と聞くと「真っ直ぐなところ」という答えが返ってきたという。「その言葉で迷いはなくなりましたね」と菅田が得意顔で語ると、佐藤から「それってのろけ?」と突っ込みが入りタジタジになるシーンも。

和気あいあいとしたメンバーたちを達観して見ているのは山田。「こんなスターキャストが集まるなか、僕は便乗しようと思っただけです」ととぼけると、岡田も「こんなメンバーの中に自分が入れるなんて……」と謙遜。しかし、撮影の印象を聞かれると「数日しか僕は参加していないので、あまり皆さんとお話する機会がなかったんです」と発言。そんな岡田の言葉に佐藤は「結構一緒に過ごしたと思うんだけどな」とつぶやくと、菅田が「最低だな」とピシャリ。お互いに発言に突っ込みあう面白い舞台挨拶となった。

本作は、直木賞作家・朝井リョウのベストセラー小説「何者」を、映画『愛の渦』の三浦大輔監督で映画化。就職活動中の大学生たちが、自らの存在意義や生き方を模索しながら、心のうちに秘める感情を吐露することによって関係性が微妙に変化していくさまをリアルに描いた青春物語だ。三浦監督は「企画は2年前から進めていてやっと完成しました。これも朝井さんの原作があったからこそで、それをこれだけの豪華キャストが演じてくれました。満足いくものができたと思います」と力強く語っていた。(text&photo:磯部正和)