聞こえますか? 髪の悲鳴

写真拡大

半数以上の人がシャンプーしすぎで髪が傷んでいることを実感しているのに、毎日シャンプーしたい人は約9割――。「ロレアル パリ」が20代から40代の女性600人を対象にした調査で、日本女性の抱えるこんなジレンマが浮き彫りになりました。

「美髪=毎日シャンプー」は思い込み

髪の悩みは多い順位に「パサつき」69.2%、次いで「ひろがり」52.3%、「うねり」49.7%。これらの髪トラブルの多くはシャンプー剤を使った洗髪のしすぎが関係しているということは聞いたことがある人は多いですよね。

日本人の「シャンプーしすぎ」は海外と比べるとよく分かります。日本人は毎日シャンプーする人が77.3%もいるのに、海外ではわずか23.0%。また、海外ではシャンプー剤を使わない「ノー・プー」を実践している人も多くいますが、日本ではまだまだ浸透していません。

日本には"美髪のためには毎日のシャンプーが欠かせない"という意識がいまだ根強く残っているよう。「髪のために実施していることで、1番重要だと思うケア」を聞いてみると、「シャンプー」が最も多く、半数以上の65.3%でした。

でも、そんなに気を使って毎日シャンプーしていても、現実には自分の髪に満足している日本人女性は少ないのです。「満足していない」(18.3%)と「あまり満足していない」(46.7%)を合わせると、65.0%は自分の髪の状態に満足していません。

日本人の潔癖さとマメさがアダになってしまっているようですね。

効果テキメン!2か月「完全ノー・プー」実践してみた

実際に毎日のシャンプーで髪が傷んでいると感じている人は「そう思う」(9.5%)と「どちらかというとそう思う」(45.2%)を足して半数以上もいます。傷むと感じているならそれが答えなのではないでしょうか。

まずは、「髪は毎日洗わないとダメ」という思い込みを捨ててみましょう。週末や長期休暇を利用してシャンプーしない期間を作ってみるのがいいかも知れません。

記者も2か月間ノー・プーを実践し、今は週末のみノー・プーというスタイルにしていますが、以前よりも髪のパサつきが気にならなくなりましたよ。

これだけはやっちゃダメ!なリスト

それもハードルが高いようなら、普段のシャンプーを見直してみて。AMATAオーナーで、艶髪づくりのプロ・美香さんによると、"予洗い"はとても重要だということ。お湯で髪と頭皮を1分ほどかけてよく濡らすことが大切だそうです。髪は水をはじきやすく、時間をかけないと水を含まないからです。1分て実際やってみると結構長いです。これはできていない人が多そうですね。

また濡れているときは1番ダメージを受けやすいので、髪を絶対擦り合わせないことが大事だということです。

ささっと濡らしてシャンプーつけて髪をワシワシ、ゴシゴシは最もやってはいけないこと。夏は特に紫外線やエアコンの乾燥などで髪はダメージを受けている状態です。優しくいたわってあげてくださいね。