秋もパクチスト歓喜。チャーハンとちゃんぽんにパクチー

写真拡大 (全3枚)

パクチーが好きなら、どんな情報でも逃したくない。

今回紹介するのは「ちゃんぽん亭総本家」の「パクチーチャーハン」と「トムヤムちゃんぽん」です。

アジアンンテイスト満載のパクチーチャーハン

380円(税抜) ※一部店舗で異なります。

まずは、パクチーチャーハン。

このチャーハンは、ちゃんぽん亭総本家が今年の7月に開催した「第1回 チャーハン王に俺はなる!!」がきっかけで誕生しました。この大会で、全国から40品の応募のなかから優勝商品に選ばれたのがパクチーチャーハン。

刻んだエリンギの風味と食感がたまらない、国産生パクチーの香りが漂うアジアンテイスト満載のチャーハンになっているとのこと。

たたでさえ大好きなチャーハンにパクチーがトッピングされているなんて、夢のようです。

ちゃんぽんにパクチーで一気にエスニック

20160831_coriander_03.jpg

850円(税抜) ※一部店舗で異なります。

もうひとつは、トムヤムちゃんぽん。

世界三大スープのひとつであるタイ料理の代表「トムヤムクン」をヒントに、タイ産のスパイス・ハーブをベースとして、レモングラスの酸味にココナッツの甘味、唐辛子の辛味が一体となったトムヤムクンスープのちゃんぽんです。

ちゃんぽん界の常識を変えるいままでにないエスニックなちゃんぽん。ピリッとした辛さにパクチーがマッチする様子がもう口のなかでイメージできてしまいます。

国産のパクチーを使用したメニュー。ひとりでもパクチスト仲間でも、とにかくパクチーを味わいに行きたい!

どちらも2016年9月1日(木)〜10月31日(月)の期間限定メニューとなっています。東京だと、銀座インズ店と水道橋店が便利です。

ちゃんぽん亭総本家

こちらも読まれています

・下北沢のパクチー専門店。行かない理由はどこにもない

・パクチスト歓喜。24時までパクチーが食べられる聖地きた

・私、パクチスト。「食べるラー油」よりも「パクチータレ」

・パクチスト歓喜。ダイエットも美肌もパクチーに頼る

・パクチストは家でもパクチー #うちパク

写真/Sutterstock 文/ダーシー