妊活中に40%のカップルがトラブる!…妊活のリアル

写真拡大 (全5枚)

 妊活や妊娠って実際にどんな感じなの? インターネットやスマホで調べてみればなんとなくはわかるけど、もっとリアルな情報を知りたい……。そこで、今回は実際にバイエル薬品株式会社が全国の妊娠中・妊娠計画している25〜44歳の男女それぞれ300名にアンケートを取って判明した、リアルな情報を紹介します。

妊活意識のある夫婦が増えている!!

 最近、「妊活」という言葉を聞く機会が増えているのではないでしょうか? 出産する年齢がどんどん上がってきていることもその原因に挙げられます。
 実は、アンケートに答えた夫婦の50%が結婚後すぐの妊娠計画を立てていて、半年や1年以内の妊娠を計画している夫婦は全体の24.2%と、妊活意識がかなり高いことがわかりました。

 しかし妊娠後のキャリアや子育てに不安を抱えている妻とすぐに子供が欲しいと思っている夫というように、夫婦間で妊活の時期についてすれ違ってしまい、気まずい空気になってしまうこともあります。結婚前から、パートナーと妊活意識についての話し合いを事前にした方がスムーズに妊活できるかもしれません。

カップルの40%がケンカする…


 実際に「妊活離婚」という言葉があるように、妊活中にカップルの良好な関係を維持することは大変です。アンケートで判明したのは、40%の夫婦が夫婦間のトラブルを経験していたということ。主な原因は、「パートナーとのモチベーションギャップ」(67.5%)、「なかなか妊娠しないことへの不安、焦り」(56.2%)。妊娠までに起こるいろんなトラブルを一緒に乗り越えていかなければならないのです……。

 実際に、どういった価値観のすれ違いが起こってしまうのでしょうか。例えば、不妊治療をしているためお金や時間、年齢などいろんなことに見えない不安を抱えて悩んでいる妻に対して、夫は治療のお金を出すことと妻の悩みを聞いてあげることで十分であると考えているということなど、男女間の価値観の違いがネックになることが多いようです。
 
 男女間の意識の違いはアンケートの数字にも出ています。約60%の女性が妊活をきっかけに食事の栄養バランスや栄養価を中心に見直すようになったと答えているのに対して、男性はその半分でした。こういった意識の違いをちゃんと互いに把握する、理解しようとする姿勢が大事で、さらにその姿勢を行動に示すこと、例えば夫は通院に付き合う、「大丈夫?」などと積極的に声をかけるといったことが大切です。

ちゃんとした情報収集も、妊活には必須!


 夫婦でちゃんと妊活に向き合っていくには、ちゃんとした情報を持っていることは必須です。しかし……多くの人がネット上の情報がありすぎて、正しい情報を判別できない状況にあっていたことが判明しました。80%の夫婦がネットで情報を調べていて、その半数以上が自分で調べた情報に対して自信がないと答えていたのです。
  
 一方で、38%の夫婦は産婦人科などの病院から情報収集をしています。ちゃんと足を運んで情報収集することが妊活の中でかなり重要なポイントであると言えるでしょう。

最後に…妊活についてしっかり前向きに向き合っていこう!!

 カップルと夫婦の違いを感じる1つが妊活であると言えるかもしれませんね。意見の違いを話し合って調整しあうこと、ちゃんと病院に行って情報を集めることが大切です。機会があったら早いうちからお互いの子供に対する考えなどを話すことも、今後のためになるかもしれません!

【参考】
※ バイエル薬品「妊活・妊娠に関する意識調査」

Written by Gow!Magazine編集部