30日、韓国メディアによると、李俊揆駐日韓国大使が、「慰安婦問題を解決するための日韓政府の合意を被害者の多くが支持している」と明らかにした。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウルの慰安婦像。

写真拡大

2016年8月30日、韓国・聯合ニュースによると、李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日韓国大使が、「慰安婦問題を解決するための日韓政府の合意を被害者の多くが支持している」とし、「日韓両国は合意を着実に履行しなければならない」と主張した。

李大使はこのほど、日本メディアのインタビューで「被害者の多くが合意を理解・支持している」と明らかにし、「反対の立場の被害者の理解を得るための努力を続け、元慰安婦支援財団の事業を着実に進めれば円満に解決できる」と述べた。また、ソウルの日本大使館近くにある慰安婦像の撤去問題を問う質問に対しては、「両国政府が合意を守るために最善を尽くすと信じている」と答えたという。

これについて、韓国のネットユーザーからは反発の声が上がっている。

「韓国国民の多くは合意に反対している」
「被害者らは合意に反対し、日本政府の10億円を受け取らないと言っている。李大使の言う被害者とは一体誰のこと?」

「彼は韓国人?日本人?」
「慰安婦像の撤去も合意に含まれているということ?はっきり答えてほしい」
「慰安婦被害者のために国がすべきことは一つ。日本の心からの謝罪を引き出すことだ」

「被害者の多くはすでに亡くなっている。多くの国民の正しい見解を無視する韓国政府がなぜ日本政府に対しては卑屈になるのか…」
「韓国国民は過去の全てに対する補償を受けようとしているが、それは不可能。それよりも二度と同じことが繰り返されないよう全国民が団結するべきなのに、今の状態を見るとまた侵略されてしまいそう…」(翻訳・編集/堂本)