巨大グルメフェス「まんパクin万博」が万博記念公園で開催!食欲の秋を満喫しようのキャッチ画像

写真拡大

日本最大級の巨大グルメフェス「まんパクin万博2016」が、大阪・万博記念公園東の広場で今年も開催されます。開催日程は2016年10月8日(土)から11日(火)、14日(金)から17日(月)までの計8日間。全国から話題のグルメ店が万博記念公園に勢ぞろいする、食欲の秋にぴったりの一大イベントです。ここでは「まんパク」の魅力や詳細をご紹介します。グルメ好きの方は要チェックです。

大型野外フードイベント「まんパク」とは?

まんパクとは2011年からスタートした「満腹博覧会」の略称です。毎年春と秋に、東京と関西で開催されています。最高の満腹体験を届けてくれる日本最大級の巨大フードフェスティバルです。大阪では2013年から始まり、2015年は過去最高の15万1,700人の動員を記録しました。関西の秋の風物詩として定着しています。期間中は全国の物産展やイベントで行列を生む人気店が一堂に集結。ラーメンや餃子、スイーツなどさまざまなジャンルの絶品グルメを1度に味わえます。

初出店は約30店舗!秋の味覚も大集合

今回も話題のグルメ店が全国から万博記念公園に勢ぞろい。ラーメン、海鮮、ご当地グルメ、スイーツ、餃子、魔法の濃い街屋台、ワールドビストロ、魔法の肉横丁、魔法の野菜マルシェの9ジャンル・約80店舗が登場します。そのうち初出店は約30店舗です。

注目は昨年大好評だった「海鮮」エリアです。店舗数が増え、昨年よりもパワーアップしています。うなぎを丸ごと一匹贅沢に使用した丼ぶりや、秋の風物詩さんまとマツタケ料理が並ぶほか、大阪黒門市場の名店も出店します。

また、「肉」エリアでは近江牛を使ったボリューム満点の牛かつ、「スイーツ」エリアではかき氷専門店のエスプーマかき氷、メロンをまるごと使ったクリームソーダなど、見た目にも美味しいグルメが一堂に集結します。

お得な前売り券を購入しよう!

「まんパクin万博2016」の入場料は平日400円、土日祝日500円。さらに公園の入場料250円と合わせて650円、または750円が必要です。

今年のまんパクへ行くことが決まっている方は、チケットぴあやローソンチケット、CNプレイガイド、イープラスで販売される前売り券の購入をおすすめします。100円引きでお得に入場できますよ。前売券販売期間は2016年9月3日(土)から10月7日(金)まで。当日、入場券を購入する行列に並ぶ必要がなくなるのも魅力です。

イベント詳細
名称:まんパクin万博2016
会場:万博記念公園 東の広場
住所:大阪府吹田市千里万博公園 自然文化園緑地広場内
アクセス:大阪モノレールで千里中央駅→万博記念公園駅下車
開催期間:2016年10月8日(土)〜11日(火)、14日(金)〜17日(月)
時間:10:00〜18:00(公園入園は16:30まで)
入場料金:【平日】前売300円・当日400円/【土日祝】前売400円・当日500円
※別途、公園入園料250円が必要
※中学生以下は入場無料。ただし小中学生は別途公園入園料70円が必要
※場内での飲食物購入は別途有料
※雨天決行、荒天の場合は中止
公式サイト:http://manpaku.jp/osaka/