必見!ユニバーサル・スタジオ・ジャパン攻略法【おすすめルート付】

写真拡大

ユニバーサルスタジオジャパンは、大阪にあるテーマパークの一つです。2015年度の入場者数は、1390万人となり世界のテーマパークランキングで4位となりました。新たなアトラクションが増え、新たなキャラクターが導入され、イベントも多数開催されていることから、年々入場者数を伸ばしています。今注目のテーマパークといえるでしょう。入場者数が増えれば、それだけ混雑している、ということです。せっかく行ったのに混んでいて楽しめなかった…ということがないように、しっかりと計画は立てておきたいですよね。ユニバーサルスタジオジャパンを攻略する方法を一挙ご紹介します!

■ ユニバーサルスタジオジャパンのエリアについて

ユニバーサルスタジオジャパンには、8つのエリアがあります。それぞれのエリアごとに雰囲気がガラっと変わるので、全く違う場所に来ているかのような感覚が楽しめます。エリアごとの特徴を知りましょう。

◎ ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター
ハリーポッターの世界をそのままに、細部までこだわった空間となっているエリアです。ホグズミード村が広がっていて、ホグワーツ城がそびえ立っています。映画の中に入り込んだかのような空間は、ハリーポッターを愛する人々にとってはたまらない場所となっています。

◎ ジュラシック・パーク
ジュラシック・パークの映画の世界に迷い込んだようなエリアです。足元にはところどころ恐竜の足跡もあります。

◎ ウォーター・ワールド
近未来の海上アクションアドベンチャーである、映画ウォーター・ワールドの世界です。水上バイクを走らせながらの壮絶なバトルが目の前で繰り広げられます。

◎ アミティ・ビレッジ
漁村アミティは、映画ジョーズの舞台となりました。漁村ののどかな風景が広がっているエリアです。

◎ ニューヨーク・エリア
1930年代のニューヨークが再現されています。路地裏までしっかりと再現されており、昼は賑やかなニューヨーク、夜は綺麗なネオンサインが街を彩っています。

◎ サンフランシスコ・エリア
アメリカの港町である、フィッシャーマンズワーフやチャイナタウンが再現されています。すぐそこに潮風を感じられる、そんなサンフランシスコが楽しめます。

◎ ハリウッド・エリア
1930年から1940年のハリウッド大通りの街並みが再現されており、賑やかなエリアです。

◎ ユニバーサル・ワンダーランド
USJの人気キャラクターたちが大集結しているエリアです。エルモやスヌーピー、ハローキティなど…子供から大人まで夢中になって楽しめます。

■ 人気アトラクションをチェック

行く前にどのアトラクションに乗ろうか…考えるのは楽しいですよね。ユニバーサルスタジオジャパンの中でも、行列が長くなる人気アトラクションは事前にチェックしておきましょう。

◎ ザ・フライング・ダイナソー(ジュラシック・パークエリア)
世界最長で、世界最大の高低差があるコースターとして誕生しました。プテラノドンという恐竜がモチーフとなっており、背中をつままれたような体勢で空を飛び回ります。どっちに向かうか予測できない動きで、振り回されるスリルを楽しめます。

◎ ジュラシック・パーク・ザ・ライド(ジュラシック・パークエリア)
ボートに乗ってジュラシックパークを探検するアトラクション。恐竜を間近に見ながら感動のツアー…のはずが、最後には待ち構えていたT-レックス、逃げるためにボートは最後、最高傾斜51度、26mの高さからスプラッシュ・ダウンで大迫力です。

◎ ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
ホグワーツ城を巡り、最新技術の4K/3Dによって、ホグワーツの大空を飛び回ります。自由に空を飛びながら、ハリーと一緒に過ごす時間が楽しめます。

◎ ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド&バックドロップ(ハリウッド・エリア)
数種類のBGMからお気に入りを選んで、音楽を聴きながらハリウッドの上空を疾走います。スピード感のあるコースターは、重力を忘れて空を飛んでいるかのようになめらかに動き回り駆け抜けていきます。前向き・後ろ向きと2種類あり、バックドロップは後ろ向きでコースターが駆け抜けます。行く先がわからないワクワク感と予想外の動きで、想像以上のスリルを味わえるジェットコースターです。

◎ ジョーズ(アミティ・ビレッジ)
平和な港町のボートツアー、出発は和やかですが、人食いザメ・ジョーズが登場。無事に帰ってこられるか、ジョーズが襲ってくる怖さと戦いながらのボートツアーです。

■ 効率的にアトラクションを回るには?

◎ エクスプレス・パスを使う
ユニバーサルスタジオジャパンでは、優先的にアトラクションに乗れる、もしくはパレードの鑑賞エリアを確保できる、エクスプレス・パスが販売されています。有料になりますが、長い待ち時間を過ごしたり、パレードを鑑賞する場所を早くから確保しておいたり、面倒なことがなくなります。時間をお金で買う、というような感覚でしょうか。当日販売もしていますが、売り切れとなっている場合も多いため、事前購入をおすすめします。対象となるアトラクションやパレードは限られているので、確かめたうえで購入しましょう。

◎ シングルライダーで乗る
乗り物は2人もしくは4人で乗る場合がほとんどなのですが、シングルライダーは1人で乗るという人のために設けられています。3人グループが4人乗りの乗り物に乗る場合、1人分余ってしまいますよね。そこにシングルライダーで並んでいた人が乗り込むことになります。シングルライダーのほうが待ち時間が短くなっている場合がほとんどなので、できるだけ時間を短縮してたくさんのアトラクションに乗りたい、という人はシングルライダーをおすすめします。

◎ アプリで待ち時間を確認する
ユニバーサルスタジオジャパンの公式アプリがあり、スマートフォンであればアプリをダウンロードすることでパーク内の地図やアトラクションの待ち時間などがわかるようになっています。実際にアトラクションの前まで行ってから待ち時間を見るのではなく、今どれぐらいの待ち時間かをあらかじめ確認しておけるので、空いている時間を狙って並ぶこともできます。

■ おすすめの回り方

◎ 入園したら一番乗りたいアトラクションへ並ぶ
当日までに、絶対に乗りたい!と思っているアトラクションを決めておきましょう。開園と同時に入園できたら、すぐに乗りたいアトラクションへ一直線です。開園すぐの時間帯はまだそれほどアトラクションの列が伸びていないので、待ち時間があったとしても比較的早く乗ることができます。楽しみにしていたアトラクションだから最後に乗りたい、と思うかもしれませんが…どんどんと待ち時間は伸びていってしまいます。潔く最初に乗ってしまいましょう。

◎ ご飯は早めに食べておく
お昼間近になると、ご飯を食べる場所も混みあいます。昼過ぎても、お昼の時間帯に満員で食べられなかった人が続々と訪れますし、アトラクションに並び疲れた人が休憩しようとして、一休みの場所を探し求めています。午後は常に混んでいると思ってください。一番空いているのは、午前中ですね。まだみんながアトラクションに並んでいる間に、ささっと済ませてしまったほうがいいでしょう。

◎ 買い物は午後早めに済ませる
帰り際に買い物をする人が多いので、閉園間際はお土産を買うショップが混雑します。混雑すると店内も見づらくなりますし、レジも並びます。最後の最後で疲れがどっと押しせるので、できるだけ人混みを避けて、スムーズに購入できる午後早めの時間帯をおすすめします。パーク内にはロッカーもあるので、預けておけばOKです。

◎ パレードの時間を必ず確認
アトラクションだけでなく、パレードも楽しみたいなら時間を確認しましょう。ギリギリの時間に行っても、場所がなくてベストポジションで楽しめない可能性があります。少し早めの行動を心掛けたいですね。

■ エンタメワールドを堪能する!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの基礎的なところを把握しながら、効率よく回れる方法などを参考にしてみてください。

(image by photo AC)
(著&編集:nanapi編集部)