30日、韓国の女優ユ・インナが中国ドラマから突然姿を消したことで、話題になっている「韓流禁止令」がいよいよ力を発揮し始めたのではないかと注目されている。

写真拡大

2016年8月30日、韓国の女優ユ・インナが中国ドラマから突然姿を消したことで、話題になっている「韓流禁止令」がいよいよ力を発揮し始めたのではないかと注目されている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

中国で「禁韓令」「限韓令」と呼ばれる「韓流禁止令」のうわさが飛び出したのは8月初め。韓国が米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を決めたことで、中国が報復行動の一つとして「韓流締め出し」に取りかかったと報道された。ネット上にはタレント42人、ドラマ・映画53本が書かれた「締め出しリスト」まで登場した。

ユ・インナは14年のドラマ「星から来たあなた」で中国でも人気を獲得。中国ドラマ「相愛穿梭千年2」に起用され、今年5月に上海でクランクインし、すでにほとんどのシーンを撮り終えていた。しかしこのほど、台湾の女優パフ・クオ(郭雪芙)に差し替えられたことが明らかに。パフ・クオは中国版ツイッターでロケ現場の写真を公開している。

この差し替えについて、パフ・クオの事務所からは正式な発表がされていない。また、ユ・インナの所属事務所は当初否定していたが、その後「協議中」と発言を変えている。

実際に「韓流禁止令」がスタートしたのかは明らかではないが、ネット上にリストが登場して以降、今回のユ・インナが最初の大きな被害者となっている。(翻訳・編集/Mathilda)