シャープの『超音波ウォッシャー UW-A1』(予想実勢価格約1万5000円前後)

写真拡大 (全2枚)

 手間がかかる家事、洗濯。汗をかく季節は、汚れた洗濯物が増える。予洗いや分け洗いができるサポートグッズで、効率よく時短しよう──。

 ワイシャツや下着、子供の体操着などの汗や汚れがひどい場合は、本洗いの前に予洗いすると汚れが落ちやすい。しかし、節約のために手で予洗いをすると、労力がかかるわりにきれいにならないのが悩ましい。

◆シャツの皮脂汚れがあっという間に落ちる

 夫のワイシャツの襟や袖口に付着した黒ずんだ皮脂汚れを、手揉みや古歯ブラシでゴシゴシとこすって落とす。そんな苦労を軽減してくれる画期的なアイテムが、シャープの『超音波ウォッシャー UW-A1』だ。

 先端に搭載された金属のホーンは、電源を入れると毎秒約3万8000回超音波振動する。衣類を水に浸し、汚れた部分にホーンを当てると、繊維の隙間にある水分に微細な真空の泡が発生。泡が弾ける力で、衣類に付着した汚れを剥ぎ取るしくみだ。手でこすり洗いするよりも時短で、かつ布が傷みにくいのが嬉しい。

 服を脱ぐ時に付着しがちなファンデーションなどの化粧品、食べこぼしの汚れも手軽に落とせる。液体洗剤を塗り込むとより効果的だが、軽い汚れは水だけで落とせるため、ぬいぐるみや布製の鞄など、丸洗いしにくい布製品もきれいにできる。

 本体は直径40×高さ168mm、約200gと片手で持てるサイズ。使わない時は棚の隙間などに立てて置いておけるのでかさばらない。また、充電式のため、洗面所以外の場所で使用できるのもポイント。

◆小型の二槽式洗濯機で泥汚れを心置きなく洗濯

 今や洗濯機といえば、全自動が一般的。洗濯槽と脱水槽が分かれた二槽式洗濯機は時代遅れ──と思いきや、実は今も根強く愛用されている。

 中でもユニークなのが、シービージャパンの『マイセカンドランドリー TOM-05』。洗濯容量目安約3.6kg、脱水容量目安約2kgという、ちょい洗いモデルだ。

 洗濯槽は回転板付きで、脱水槽はステンレス製と小さいが本格的。洗剤を入れてしっかり洗い、脱水できる。泥だらけの衣類、毛が大量に付いたペット用タオルなど、手で予洗いするのは大変だが、そのままでは洗濯機に入れたくない洗濯物は、これで「分け洗い」すればかなり楽できる。給水作業や洗濯・脱水時間の設定は全て手動だが、その手間を差し引いても時短だ。

 洗濯に使用する水は、水道から給水ホースで引き込むため、設置場所は水道と電源(コンセント)が近くにあり、かつ排水を捨てられる場所となる。全自動洗濯機と違い防水パンは不要だ。使いやすいのはお風呂場、また水道さえあれば庭やガレージでも活用できる。

※女性セブン2016年9月8日号