「すぐ立ち直る人」の脳内では何が起きている?

写真拡大

「どれだけ休んでも疲れが取れないのは、あなたの脳が疲れているからでは?」――イェール大学で学び、アメリカで開業した精神科医・久賀谷亮氏の最新刊『世界のエリートがやっている 最高の休息法』が、発売3日にして大重版が決定する売れ行きを見せている。
最先端の脳科学研究で見えてきた「科学的に正しい脳の休め方」とは?同書の中からストーリー形式で紹介する。

▼ストーリーの「背景」について▼
もっと知りたい方はまずこちらから…
【第1回】「何もしない」でも「脳疲労」は消えずに残る
―あんなに休んだのに…朝からアタマが重い理由
http://diamond.jp/articles/-/96908

【第2回】脳が疲れやすい人に共通する「休み=充電」の思い込み
―「疲れ→回復→疲れ…」のスパイラルから抜け出すには?
http://diamond.jp/articles/-/96965

【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(私:小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店にもスタッフにも変化が現れ始めていた。そんな中、モーメントに意外な客がやってきた。

瞑想が最強のチームをつくる

「ふぉふぉふぉ」

聞こえるはずのない奇妙な、しかし聞き慣れた笑い声が、週初めの〈モーメント〉店内に響き渡った。

「(えっ!)」

振り向くと、そこにはヨーダの姿があった。いつもの汚らしい白衣の代わりに、ヨレヨレのジャケットを着ている。

「ヨ、ヨー…いや……グローブ教授!何しに来たんですか、いったい?」

「そりゃ、ベーグルを食べに来たに決まっとるじゃろ。客じゃよ、客。ふぉふぉ」

不思議な老人だとは思っていたが、こんなタイミングで店にやってくるとは……。唖然としている私の横をスッと影が横切った。

「いらっしゃいませ。何になさいますか?」

そう言ってヨーダのテーブルに水を運んでいったのは、ウェイターのブラッドだった。

「ほぅ、ブラッド!!しばらくじゃな。研究が順調にいっとるようで何よりじゃ。風の噂に聞いておるよ、スーパー!」

「ええ、おかげさまで来月にはひと区切りつきそうです。今回の件は、特許取得も検討していまして……」

いつものブラッドに似つかわしくなく、ヨーダには謙虚な姿勢を崩そうとしない。人によってコロコロと態度を変えるタイプなのだ。ヨーダもくしゃくしゃの笑顔をブラッドに向けている。

考えてみれば、2人が以前から知り合いだとしても何ら不自然なことはなかった。いくら研究室が違うのだとはいえ、所属は同じイェール大学の医学部なのだから、学会で顔を合わせることも少なくないはずだ。どうして気づかなかったのか、自分でも不思議だった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)