30日、米ABCによると、大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の自宅近くの店で、中国系の男が銃を発砲する事件があった。写真はニューヨーク。

写真拡大

2016年8月30日、米ABCによると、大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の自宅近くの店で、中国系の男が銃を発砲する事件があった。

29日午前7時ごろ(現地時間)、米ニューヨーク州チャパクアのキングストリートにあるレストランLange’s little Store & Delicatessenの外で銃撃事件があった。警察によると、2人の男性が負傷し、病院に運ばれたが、命に別条はないという。発砲したChao Hengjun(49)容疑者は、駆けつけた警官にその場で逮捕された。

目撃者のRichard Meyerさんによると、少なくとも15発の銃声が聞こえ、店には8〜9発の弾痕があったという。警察は動機について明らかにしていないが、銃撃を受けた2人のうち、少なくとも1人はChao容疑者と面識があったようだ。

現場となった店は、ヒラリー・クリントン氏の自宅から2キロも離れておらず、クリントン夫妻が何度も訪れているお気に入りの店だったという。(翻訳・編集/北田)