ファッション誌などで公開されることの多い、モデルや読者のバッグの中身。普段、人のバッグの中身を見る機会は少ないので、「こんなの持ち歩いているんだなぁ……」と女子力の高さに驚かされることもしばしば。

そこで今回は、化粧直しアイテムから、「おっ!気の利く子だな」と男性から一目置かれる小物まで……。美容ライターとして活動する筆者が、周りの男女にも意見を聞きつつ、バッグに忍ばせていたら幸せをつかめるかもしれない!好感度の高いモテ子の秘密道具をご紹介します。

1:ベビーパウダー

主に、赤ちゃんのあせも予防に使われるベビーパウダー。ベビーパウダーには、皮膚上の余分な水分を吸収し、調整する効果があります。顔や体に少量はたけば、汗や皮脂を抑えてくれるので、大人にも人気のアイテムです。

顔に使えば長時間サラサラをキープすることができ、肌にも優しいため、フェイスパウダーの代わりに使用する方も多いよう。

このようなメリットから、最近ではコンパクトタイプもあり、持ち運びにも便利なものが増えています。大きい容器のタイプは100円ショップなどでも購入できる、小さいパウダー容器に入れ替えると使いやすいですよ。

汗を大量にかいたあとは、水分を含んだパウダーが肌表面でダマになりやすいため、しっかり拭き取ってから使用することをおすすめします。

■2:絆創膏

女性は靴擦れを起こすこともあるため、モテアイテムとしてだけでなく普段からあると便利な絆創膏。

デート中やイベントでは小さいすり傷や切り傷も起こりうる可能性があります。そんなアクシデントの際に、「絆創膏あるよ」と言われると、気遣いのできる優しい女性と思われることが!

しかし、絆創膏は傷口に貼るもの。ポーチやカバンになんとなく入れている、くしゃくしゃの絆創膏では嬉しさも半減してしまう可能性が……。汚れたりしないように持ち歩き、不衛生な印象を与えないように気をつけましょう。

■3:チーク&色付きリップ

ポーチを丸ごと持ち歩かなくても、サッと仕事終わりに変身できるのがチークとリップです。

メイク直しといえば、べースメイクばかりを気にしがちですが、実は顔に血色を加えるだけで一気に華やかになります。逆にいえば、いくら肌トーンが整っていても、頬と口元に色味がなければ、ベタっとした地味顔に見えてしまうんです(画像参照)。

チークとリップだけならトイレにも持ち込みやすいですし、最近はリップとチーク両方に使えるアイテムもあるので活用してみてください。

■4:頭痛薬などの常備薬

頭痛や胃痛などで、外出時や仕事中に痛みに悩まされることもありますよね。特に、デート中や大勢で集まるイベント時に体調が悪くなっていては、テンションも下がってしまいがち。

普段から基本的な常備薬を持ち歩けば、いざというときに役立ちます。「持っていれば良かった」と後悔する前に、常に持ち歩いていると、安心ですよね。

また、女性は生理痛などで鎮痛剤が必要なことも多いため、日頃から持っておくと助かりますよ。

■5:ミントタブレット

デートや、バーベキューなどのアウトドア、レジャーでのイベントでは人と話す機会も多いので、自分の口臭も気になりますよね。しかし、外出先で歯磨きができるタイミングはなかなかないです。

そこで、ミントタブレットを持ち歩いていれば、気軽に口臭ケアすることが可能です。

また、車で長時間移動する場合、運転してくれる方の眠気防止にも役立つでしょう。運転中の気分転換にサッと手渡せば、気遣いのできる女性として好感度が上がるはずです。

今回は、周りの女性と一歩差をつける、バッグの中に常備しておきたいアイテムを5つご紹介しました。

ティッシュとハンカチを持ち歩くのは、もはや当たり前! 女子力の高い幸せ女子は、自分磨きアイテムにプラスして、人のために役立つ小物を持ち歩いているようです。

【関連記事】

BBクリームで「メイクしたての肌」復活!簡単4ステップ化粧直し術