写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ロシアにある電波望遠鏡が昨年、太陽系から94光年先の恒星系で発信された可能性のある、「強い電波信号」を受信したことがこのほど明らかとなり、科学者らの注目を集めている。地球外文明からのメッセージである可能性がないわけではないものの、まだ確認されたわけではなく、また地球上からの電波干渉などによるものである可能性も高く、今の段階では注意深く見守るべきだとしている。

この信号は2015年5月15日、ロシアのカラチャイ・チェルケス共和国ゼレンチュクスカヤにある、ロシア科学アカデミーの電波望遠鏡「RATAN-600」が捉えたもので、送信元は地球から約94光年離れた、ヘラクレス座を形作る恒星のひとつ「HD 164595」と考えられるという。HD 164595は太陽に近い大きさの恒星で、現時点でひとつの惑星があることのみわかっている。

このニュースは、深宇宙探査の研究者であるPaul Gilster氏が8月27日、自身のWebサイト「Centauri Dreams」において、イタリア人の天文学者Claudio Maccone氏から届いたプレゼンテーション資料を紹介する形で紹介したもので、その後SETI Institute(地球外知的生命体探査協会)もこの情報を認めている。

SETI研究者のうち、これが地球外文明から送られたものであると主張しているものはいないという。ただ、興味深い信号であることは事実であり、今後さらなる調査を行う必要があるとしている。

SETI協会によると、RATAN-600は計39回の観測を行ったなかで、信号を受信できたのはこの1回だけだったという。また、すでに8月28日から、サンフランシスコにある電波干渉計「アレン・テレスコープ・アレイ」がHD 164595の方角を探査しているものの、今のところ電波の受信には至っていないという。

届いた信号の周波数は11GHz、波長は2.7cmで、SETIが出す信号としては非常に強いものだという。もしこの信号が、四方八方へ向けて出されたものだった場合、そのエネルギーは地球に届く日光よりも数百倍大きい10の20乗Wという莫大なもので、またそれを作り出す電源も、現在の地球人がもつあらゆる電源よりもはるかに強力なものになるはずだという。

Gilster氏やSETI協会によると、ロシアの天文学者ニコライ・カルダシェフ氏が策定した、宇宙文明の進歩度を示す三段階の尺度に従った場合、この強さの信号を出せるのは地球文明よりもはるかに進歩した、「タイプ2」の文明でなければありえないという。また、もし太陽系だけに向けて送られたのであれば必要なエネルギーは小さくできるものの、それでも地球人類のエネルギー消費量にほぼ等しい、1兆W以上の電力が必要になるだろうとしている。

SETI協会の天文学者Seth Shostak氏は「他の文明が私たちに信号を送ることはあり得るかと言えば、可能性はあるだろう。しかし、たとえば地球上からの電波干渉など、この信号の正体を説明できるもっともらしい理由はいくらでも考えられる。現時点で私たちが言えることは、この信号が『興味深い』ということだけだ」と語っている。

【参考】
・An Interesting SETI Candidate in Hercules
 
・A SETI Signal? | SETI Institute
 

(鳥嶋真也)