時期には言及しないものの強気に出たイエレン議長(photo PublicDomain)

写真拡大

 米国ワイオミング州ジャクソンホールは、全米でも有数の観光地である。イエローストーン国立公園やグランドティトン国立公園が有名で、ジャクソンホールはスキーリゾートとしても知られている。毎年カンザスシティー連邦準備銀行が年次経済シンポジウムを開催する場所としても知られており、世界各国から中央銀行総裁・政治家・学者・評論家らが参加する。今年のジャクソンホール会合は、FRBが年内に利上げを踏み切るかどうかを探るため、イエレンFRB議長の講演に注目が集まった。

 8月26日、イエレンFRB議長は、ワイオミング州ジャクソンホールでのカンザスシティー連銀による年次経済シンポジウムで「米雇用が改善し、追加利上げの条件は整ってきた」と述べた。(参照:FRB)

“Indeed, in light of the continued solid performance of the labor market and our outlook for economic activity and inflation, I believe the case for an increase in the federal funds rate has strengthened in recent months.”(確かに、労働市場の継続的な堅調なパフォーマンスおよび経済活動やインフレの見通しに照らして、私はフェデラル・ファンド・レートの利上げの論拠がここ数か月の間に高まったと確信する。)

 イエレンFRB議長は、講演の中で、昨年12月に続く利上げの時期に言及しなかったが、早くて、9月の次回会合FOMCで利上げする可能性が出てきた。

◆フィッシャーFRB副議長も9月利上げを示唆

 同時に、フィッシャーFRB副議長もジャクソンホールでテレビのインタビューに応じ、「8月分の雇用統計などを注視し、内容が良ければ9月の追加利上げもあり得る」と示唆している。(参照:CNBC ; Fed’s Fischer: Economy is stronger, next jobs report a key for hike decision,)

 フィッシャー氏は「雇用と物価は上向いており、FRBの目標に近づいている」と強調し、イエレン議長と同じく、利上げの条件は整いつつあるとの見方を示したのだ。

◆注目は9月2日の雇用統計

 イエレンFRB議長の講演、フィッシャーFRB副議長のインタビュー発言があってから、102円台までドル高・円安が進んだ。

 ジャクソンホールの後、CMEグループのFedウォッチ・ツールによる9月利上げ確率は8月26日に33%まで上昇した。しかし、8月29日時点では、Fedウォッチ・ツールによる9月利上げ確率は33%から21%へ下がった。上げ・下げの変動が大きい。2日間の動きだけでは判断できない。9月2日の雇用統計発表後に、また、Fedウォッチ・ツールによる9月利上げ確率が大きく変動する可能性がある。

 そして、注目すべきは9月2日の雇用統計だ。

 市場のコンセンサスは、「8月非農業部門雇用者数変化前月比」が前回25.5万人、今回予想18.0万人となっている。また、「8月失業率」のコンセンサスは、前回4.9%、今回予想4.8%となっている。

 非農業部門の新規就業者数が、景気の力強さを示すとされる20万人程度の水準に届くかどうかが焦点となるとされているが、20万人に大きく届かなかった場合は、利上げが遠のく。その場合は、円高へ。逆に、20万人クリアであれば、9月の利上げが現実味を帯びる。円安となるだろう。

 いずれにしても、9月2日の米雇用統計発表後には、金融市場は上げ・下げの混乱が予想される。

◆9月の「メインイベント」は20日

 一方、日銀の黒田総裁も、ジャクソンホールでの討論会で、「「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」による予想物価上昇率のリアンカリング」というタイトルで講演を行い、マイナス金利政策によって、企業や家計の資金需要が刺激されたと語り、マイナス金利の限界までには「まだかなりの距離がある」とも述べた。(参照:日本銀行)

 このような両者の発言を踏まえたうえで、重要になってくるのは、9月のFOMCと日銀政策決定会合である。それらは、9月20日〜21日両日の同日開催なのだ。

 7月29日、黒田総裁は「2%の「物価安定の目標」をできるだけ早期に実現する観点から、次回の金融政策決定会合において、「量的・質的金融緩和」・「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」のもとでの経済・物価動向や政策効果について総括的な検証を行うこととし、議長はその準備を執行部に指示した」(参照:日本銀行)という。

 その「次回の金融政策決定会合」が9月20日〜21日の日銀政策決定会合なのだ。追加緩和により、円安・日本株高への可能性がある。さらに、FOMCで追加利上げが決定されると、さらに円安が進むだろう。

 果たして、一気に円安・日本株高のシナリオもあるのだろうか?

<文/丹羽唯一朗>