30日、キルギスの中国大使館で自動車が爆発した事件について、キルギス当局はテロ事件と断定した。爆発した車から1人の遺体が見つかり、大使館職員3人が負傷した。

写真拡大

2016年8月30日、キルギスの中国大使館で自動車が爆発した事件について、キルギス当局はテロ事件と断定した。爆発した車から1人の遺体が見つかり、大使館職員3人が負傷した。

動画では大使館から爆発によると思われる煙が立ち上っており、警報が鳴り響いている。中国外交部は30日、「過激な暴力行為を厳しく非難する」と述べ、キルギス当局に人員の安全確保を求めた。キルギス当局は遺体からDNAを採取し身元確認を進めている。(翻訳・編集/内山)