潜入取材!フィリピン留学で英語力はどれくらい上がるのか?

写真拡大

「安かろう悪かろう」とも言われてきたフィリピン留学が近年、目覚ましい進化を遂げ、多くの日本ビジネスマンを引きつけている(前編はこちら)。フィリピン留学で肝心の英語力はどれくらい上がるのか。TOEIC満点記者が、英語教育の”イノベーション”が生まれる島、セブを取材した。

ある語学学校担当者はこう話す。

「もちろん本人次第ですが、一般に欧米留学の倍のスピードで上達すると言われます。欧米ならだいたい半年で耳が慣れて、1年でストレスなく話せるようになるとされますが、フィリピンなら3カ月で耳が慣れて、半年で話せるようになります」

子どもの場合はもっと上達が早い。

東京都出身の母親Eさん(30代)はもうすぐ3歳になる娘と、セブ市内の語学学校「ネクシード」に親子留学。入学してまだ1カ月程度だが、「appleやbutterflyって言えるようになって。あと今日は、”Oh, my God”って言うのを初めて聞きました」と、娘の成長に驚く。日本では普通の保育園に通わせ、英語には普段まったく接していないという。

フィリピン留学はもはや、欧米留学の”安いコピー商品”ではない。ほかでは見られないユニークなカリキュラムを提供する学校も続々登場している。

昨年4月にセブ市の中心部に開校した「HLCA(ハルカ)」という日系の語学学校を訪ねた。

英語は中級レベルだという生徒の授業をのぞいてみると、「頸椎(cervical spine)」や「除皮質姿勢(decorticate posturing)」など、難解な専門用語がいくつも飛び交う。

授業についていけずにいると、「脳に障害がある患者がどんな姿勢をとるのか、議論しているところです」と、HLCAの共同経営者で元看護師の海仲由美氏が説明してくれた。看護師なら必須の知識だという。

これは同校の看板コースである「医療英語コース」。海外ボランティアを希望する医師や、海外就職を目指す看護師、さらには英語が必要な製薬会社の社員などが学びにくるそうだ。

かなりニッチな分野に思えるが、「欧米には医療英語を学べる語学学校はほとんどない」と、同校に留学中のベテラン看護師、中川由香さん(36)は話す。

「オーストラリアとかだと短大や看護学校に留学する正規のコースしかない。でも私はその国の看護師資格をとりたいのではなく、ただ医療英語を学びたいだけなので、HLCAを見つけられてよかったです」

医療英語を学ぶのにフィリピンが向いている理由がある。「この国には看護師で英語の先生もしている人材がかなり多い」(海仲氏)ためだ。出稼ぎ大国のフィリピンでは戻ってきた看護師が英語教師になる例も少なくない。実際、HLCAで医療英語コースを担当する教師も全員、元看護師だという。

一方、「エンジニア留学」という新しいスタイルを生み出した語学学校もある。前出のネクシードだ。

同校では英語のクラスとプログラミングのクラスの両方をとることができる(プログラミングは日本人講師が日本語で教えている)。昨今の日本でのプログラミングブームも手伝って、エンジニア志望の学生から、ITスキルを身につけたい起業家や営業マンまでさまざまな生徒が集まる。

「英語ができたら食べていけるかといえば、そうでもない。日本人が海外に出ていくときに、英語とセットでどんなスキルが必要かと考えたときに、プログラミングが最もフィットするという結論に達しました」と話すのは、同校の代表、高原大輔氏だ。

公認会計士の黄天佑さん(25)は将来起業することを視野に、同校への留学を決めたと語る。

「英語とプログラミングはどちらも起業に必要。あとそれ以外に、新興国でビジネスをするのがどんな感じなのかも知りたかった。ここに来れば、そうした起業に役立つスキルや経験、価値観のすべてが得られると思いました」
 
大手のQQイングリッシュもこの秋、留学エージェンシー「セブ社会人留学(CBLE)」と提携し、「不動産英語コース」をスタートさせる予定だ。

同コースを企画・開発したCBLE代表の若村雄介氏は、「訪日外国人が急増し、部屋を借りたいという需要も増加しているが、不動産業界には英語で対応できる人材が圧倒的に少ない」と説明する。

来訪客の対応から、間取りや敷金・礼金の説明、ごみの分別、鍵の受け渡しまで、日本での賃貸業務の流れを想定したカリキュラムとなっている。

「今までのフィリピン留学は、とくに中級以上になると、目的もなくただ漫然と英語で会話をするだけの学校が多かった。でも、これからは『外国人対応ができるようになる』などゴールを明確にして、それに向かって英語を勉強する場になる。それがフィリピン留学の次のステージです」と若村氏は語る。

日本人の「マインド」を変える場所

フィリピン留学は一般にこれまで「初中級者向け」とされてきた。なぜかといえば、「もともと韓国の留学生たちにとってフィリピンは、カナダやオーストラリアに留学する前に、英語に慣れるための場所だった」(前出・呉氏)。そのためフィリピン国内では上級者向けニーズが少なく、上級レベルのカリキュラムをもつ学校自体がほとんどないのだ。

だがそこにも変化が起きつつある。昨年開校したブライチャーは、「生徒の7割がTOEICで700点以上の上級者」(前出・松井氏)だという。

同校を含めてフィリピンで6校に留学経験をもつ三谷匡史さん(33)は言う。

「ほかの学校は基本的に初級者がメインで、僕くらいの中級者になると『自分は英語ができるんじゃないか』と勘違いするようになる。でもブライチャーに来ると、日本ですごく頑張って英語を勉強してきた人がいっぱいいて、刺激を受けました」

ただし、求められる勉強量はかなり多いようだ。

「毎日平均で700〜800ワード、宿題で英語を書かされます。書くためには課題文を読まなきゃいけない。だから寝る暇もないですね」と、TOEICで920点のスコアをもつ小田貴大さん(29)は言う。

同校の特徴は「読み書き」を重視する点。

「会話だと流れてしまうけど、書かせれば文法の間違いがすぐにわかる。あとビジネス英語はスピーキングよりもライティングの方がずっと重要。契約書やメールで稚拙な英語を書くようでは、ビジネスなんてできないですからね」と松井氏は話す。

ほかにも、「グループの会話に割り込む」練習をする変わったクラスもある。筆者も体験させてもらったが、フィリピン人教師らが早口でフリートークをしている中に割って入るのはなかなか難しい。

「日本人はシャイだったり、和を乱すことが嫌いだったりして、グループの会話になかなか入れない。英語力だけでなく、そういうマインドを変えていくことも必要です」と、共同創業者の中西氏は語る。

「マインドを変えるという意味ではフィリピンが最適」と話すのは前出の呉氏(MBA代表)だ。

「いきなりアメリカなどネイティブ圏に留学すると、日本人は委縮して何も話せなくなってしまう。でもフィリピンに来ると、いい意味で日本人の持っていない『適当さ』を学べる。間違えることは恥ずかしくないと、笑えるようになる。それが第一歩です」

飲料大手に勤める持松明弘さん(54)はMBAへの1週間の留学で、そのことをすでに実感した。

「朝から晩まで6人の先生にかわるがわる教えてもらって、英語を話すときの抵抗感が減りました。文法的に正しいかどうかは抜きにして、自分の意見を言う、という意識が高まってきたかなと。それだけでもこちらに来てよかったと思います」
 
フィリピン留学で世界が少し近くなった。

本文中で紹介したセブ島の英語学校6校

・QQ English(QQイングリッシュ)

授業料・宿泊費(4週間):179,800円
設立:2009年
生徒数(定員):550人

カラン・メソッドの公式認定校で、教師全員がTESOLの有資格者。ITパークとマクタン島にキャンパスがある。日本人比率は半分程度と国際的。※金額はスタンダードプラン、一人部屋の場合

・MBA(エムビーエー)

授業料・宿泊費(4週間):2,230ドル
設立:2013年
生徒数(定員):42人

”社会人限定”の学校で、ビジネス英語と人脈形成が強み。寮はすべて個室。卒業生の海外起業支援なども行っている。今年、日本にも逆進出を果たした。※ビジネス・マンツーマンコースの場合

・First English(ファーストイングリッシュ)

授業料・宿泊費(4週間):1,890ドル
設立:2013年
生徒数(定員):72人

マクタン島の閑静なエリアにあり、勉強に集中したい人向き。復習やテストを日々の授業に取り入れる。親子留学やキッズキャンプの受け入れ実績も豊富。※ジェネラルコース、一人部屋の場合

・HLCA(ハルカ)

授業料・宿泊費(4週間):268,000円
設立:2015年
生徒数(定員):20人

「医療英語」が学べる少人数の語学学校。医療学校への留学対策のほか、現地の病院での見学実習や、医療現場でのボランティアなども実施している。※医療英語コース、ラモスタワー(シングルルーム)宿泊の場合

・NexSeed(ネクシード)

授業料・宿泊費(12週間):8,024ドル
設立:2013年
生徒数(定員):約80人

英語とプログラミングの両方を学ぶ「エンジニア留学」が人気。企業訪問やスラム視察など体験学習も毎週提供する。金融オフィス街にあり、治安も良好。※エンジニア留学コース(英語は1日3コマ)、一人部屋の場合

・Brighture(ブライチャー)

授業料・宿泊費(4週間):2,390ドル
設立:2015年
生徒数(定員):約30人

米アップル出身の松井氏がカリキュラムを策定。「真面目に勉強したい人」を対象にし、宿題の量もかなり多い。フィリピン留学では珍しい上級者コースも。※宿泊先は近隣のビッグホテル(一人部屋)