(写真: 甄立学 提供)

写真拡大

 60代の男性のケースです。頚椎症により頚腕部の神経痛が発症し、鍼灸治療を受けていました。頚椎症の症状が次第に改善された後、手指関節痛が現れました。特に両手の人差し指、また薬指の第一関節と第二関節に痛みを感じやすいようでした。

 人差し指は手の陽明大腸経、薬指には手の三焦経が通っていますから、治療法として主にこの二つの経絡に鍼灸を施しました。ところが、あまり目立った効果が得られませんでした。

 古人の文献を調べると、手指関節痛は背部にある「兪穴」で治療できるという記載があります。この経験を踏まえて、背中のツボを使って治療することにしました。

 使ったツボは主に大腸兪(第4と第5腰椎の間。中心から外側に1.5寸のところ)、また三焦兪(第1と第2腰椎の間。中心から外側に1.5寸のところ)です。これらのツボに刺鍼した後、人差し指と薬指の第2関節の痛みはほとんど消えました。しかし、右手の薬指の第2関節に少しだけ痛みが残っていたので、兪穴の反対側にある腹部の「募穴」を試してみました。薬指に関係する三焦経の募穴は石門です。このツボはへその下2寸のところにあります。このツボを刺鍼した後、右手の薬指の第2関節の痛みも完全に消えました。

 鍼灸治療の取穴法には、背中にある臓腑の兪穴と腹部にある臓腑の募穴を組み合わせる取穴法があります。この患者さんにこの方法を取り入れてみると、非常に良い効果が得られました。

 手指関節痛なのに、なぜ背中やお腹など、関係がないところに鍼を刺すのだろうかと不思議に思われるかもしれません。漢方医学の臓腑理論や経絡理論がなければ、確かに理解しがたいことです。私も日々、患者さんに治療を施しながら、鍼灸治療の素晴らしさと奥深さを感じています。

医学博士・中医師・鍼灸師/甄 立学(けん りつがく)