スミマセン、オクチクサイ…!外国人が困惑する「日本人の口臭」原因は

写真拡大

リオ五輪も終了し、次は2020年の東京五輪の出番! 近年は日本を訪れる外国人観光客も増加の一途をたどっており、観光地や主要都市に住んでいる人は、そんな観光客の姿を見ることも多いかと思います。

そんな外国人たち、とくに欧米系の人々が戸惑うようなのが、“日本人のオーラルケア”。彼らは、日本人の口臭に関していったい何を思っているのでしょうか?

今回は、歯ぐきと体の健康を推進する団体『オーラルプロテクトコンソーシアム』が国と欧州出身の在日外国人100名を対象に「オーラルケアの実態に関する意識調査」の結果をご紹介します!

■外国人は「日本人は口が臭い」と思っている!?

まず、「あなたが日本人の口臭に関してガッカリした経験がある場所はどこですか?」と尋ねると、

1位・・・公共交通機関(74%)

2位・・・勤務先(60%)

3位・・・公共機関(学校・郵便局・病院・銀行等)(36%)

4位・・・飲食店や販売店など接客の場面(20%)

5位・・・友人・知人宅(19%)

という結果に。満員の通勤電車に乗車中のときなど、他人との距離が近くなると途端に気になるのが口臭。全ての日本人に口臭があるわけではありませんが、オーラルケアを徹底的に気にする欧米と比べると、気になる機会は多いかもしれません。

次に「あなたは日本人の上司・先輩・同僚・部下それぞれに口臭を感じたことはありますか?」と尋ねると、「はい」と答えた人が68%も! 「いいえ」は32%でしたが、日本人と働いたり、恋愛したりという環境にいないことも考えられます。

「口臭なんておじさんだけじゃない?」と油断しちゃダメ。「あなたは口臭が原因で日本人とキスをしたくないと感じたことはありますか?」という質問では、「はい」が43%、「いいえ」が57%。皆が皆日本人と恋愛しているわけではなく、恋愛している人だけを絞った場合、かなりの確率になることが考えられます。

恋愛の場合、日本人女性×欧米人男性という組み合わせが多いので、日本人女性とデートした欧米人男性の多くが「彼女……口がクサッ!」と思っている可能性もアリです!

■考えられる“口臭の原因”6つ

欧米、とくに米国人はオーラルケアに熱心。毎日フロスとマウスウォッシュをするなど、歯と歯ぐきの健康に気を遣っています。では、日本人の口臭の原因は何でしょうか?

姉妹サイト『WooRis』の記事「相手の顔ひきつってない?恋愛や出世を阻む“口臭”の原因7つ」によると、口臭の原因としてこのような点があげられていました。

(1)間違ったオーラルケア

口臭の9割近くはオーラルケアが十分でなく、歯に残った食べ物に発生するバクテリアが原因。歯磨きだけでなく、歯間を清潔に保つフロスや、バクテリアを退治するマウスウォッシュをお忘れなく。

(2)水分の摂取が足りない

水分が足りないと唾液が十分に分泌されません。唾液が少ないと口中の細胞が死に臭いを放ち始めるとか。1日グラスに6〜8杯の水、または口臭の原因となる物質を破壊するという緑茶を飲みましょう。

(3)アレルギー

アレルギーが原因で鼻が詰まると口呼吸が多くなり、口が乾いて口臭の原因になるそうです。アレルギー持ちの人は鼻や喉の詰まりを解消する治療を受けましょう。

(4)口臭の原因となる食品の摂り過ぎ

ニンニクやキムチなど、臭いが強い食品はそのまま口臭になることも。ランチ後は歯磨きやマウスウォッシュでリフレッシュ。

(5)胃酸過多

胃酸過多の原因となるアルコール、オレンジなど酸の強い果物、シナモン、チョコレートの摂り過ぎには注意しましょう。

(6)ガンなどの重病

とくにひどい口臭がある場合、それがガンなどの危険信号である場合も否定できません。何をしても口臭が治まらない場合は、迷わずお医者さんに相談しましょう。

以上、オーラルケアの実態についてでしたが、いかがでしょうか?

大切なのは、口中に食べかすを残さないこと。働く女性なら、1日2〜3回の歯磨きと、寝る前のフロス+マウスウォッシュを心がければ、他国の人に「クサイ!」と目を丸くされずに済むはずです!