画像

写真拡大 (全4枚)

 今回は「ドローン」×ライブ動画配信特化のSNS「ペリスコープ」の活用事例。取り組み自体は昨年のものですが、ライブ動画配信サービスの動きが活発な今、ヒントになることがあるかも。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

●キャンペーン概要

 時期:2015年
 国名:イタリア
 企業/ブランド:Mercedes-Benz
 業種:自動車

■ベンツの大胆でユニークな宣戦布告でした

 昨年のことになりますが、イタリアのメルセデス・ベンツが、ライブ映像配信に特化したSNS「Periscope(ペリスコープ)」を活用したユニークなキャンペーンを行いました。

 ペリスコープはツイッターの傘下にあり、世界中の動画をリアルタイムに配信・視聴するという今注目のサービス。ライブ動画によって、ユーザーはまるでその場にいるような体験をすることができます。

 ベンツが実施したのは、世界中のユーザーを対象にした宝探しゲーム『#FindTheSUV』。イタリアで開催されるF1モンツァグランプリの会場のどこかに隠されたGLEクーペを、ドローンが配信する映像を見ながらユーザーに見つけ出してもらうという内容です。

 ユーザーはペリスコープのコメント欄に書き込むことでドローンの向きや飛行経路を操作し、車を探します。見事一番最初に見つけた人にGLEクーペが贈られるというルールでした。

 当企画の告知にはF1レーサーのルイス・ハミルトンが登場し、雑誌やオンラインニュースで取り上げられるなど開催前から注目を集めたこのイベント。フォロワー数は毎日133%も増加、6,000件もの『いいね!』を獲得し、400万人にリーチするなど非常に大きな反響を呼びました。

 本施策はツイッターにより、ペリスコープを活用したキャンペーンの最優秀賞に選ばれています。詳細をこちらの動画でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

●先週の紹介キャンペーン

電話のベルが鳴ればすぐわかる?“静かさ”ネタにした観光PR「電話が鳴ったら猛ダッシュキャンペーン」

 記事転載元:AdGang

山田 健介(株式会社PR TIMES)[著]