写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●なぜ北九州にデータセンター?
Yahoo!JAPANグループであるIDCフロンティアは、クラウドサービスとデータセンター事業を担う企業だ。現在、東京5カ所と大阪、横浜、北九州、白河の全国9カ所でデータセンターを運営している。今回、福岡県北九州市にあるIDCフロンティアの北九州データセンターを見学する機会に恵まれたので、その様子を写真と共にお伝えしたい。

○北九州に建てた理由とは?

北九州データセンターは、2008年に福岡県北九州市の官営八幡製鐵所跡地に建てられた西日本最大級の規模を誇るデータセンターだ。Yahoo! JAPANのインフラ事業に加え、IDCFクラウドの西日本リージョンやコロケーションサービスも行っている。需要に応じて増築していくモジュール方式を採用しており、現在は2016年12月竣工予定の6号棟の建設が進められている。

では、なぜ北九州なのだろう。第一に同地域は大地震や津波などの自然災害の発生リスクが低く安全性が高いことが挙げられる。また、ネットワークアクセスに関しても、890Gbpsの大容量バックボーンがあり、国内主要IXやIPSにダイレクト接続できるほか、Yahoo! JAPANのネットワーク網とも0.25msecで直結しているという。

さらに、空港や港が近い立地や、北九州市が情報産業やスタートアップ育成に積極的なのもデータセンター建設地に適する大きな理由だとしている。

○データセンターに入館!

データセンター内に入館するためには、セキュリティポータルと呼ばれるゲートを通過する必要がある。静脈認証装置をはじめ、体重や外形を計測してピギーバック(共連れ)を防ぐなど高セキュリティ体制を備えている。ちなみに130kgを超えると大人2人分と見なされて通過できないそうだ。

こちらは、施設管理を行っているオペレーションセンター。平常時のデータセンター運営は、東日本(新宿NOC)で集中管理を行っているが、首都圏で災害などが起こった際は、こちらの西日本(北九州NOC)をメインに切り替えて運営を続ける。

それでは、外気を利用してサーバ冷却を行う4号棟の仕組みを見ていこう。

●呼吸するデータセンター
○大規模な外気空調を導入した4号棟

1〜4号棟は、基本的に同じ構造で建てられている。大規模な外気空調を本格導入し、高床高と高天井による空調負担の低減と冷熱分離による効率化をはかっている。

4号棟に採用された外気空調の仕組みを見ていこう。外気は、気温が低く温度が適している時に空調機から取り込まれ、サーバルームの床下から冷気となって吹き出す。ラック内を冷却したのち、暖められた空気は、天井を経由して、外へ放出される。

外気を使って冷却することで、空調機の消費電力を抑える働きがある。外気空調を使用しない運用方法と比べて、最大4割弱の空調消費電力の削減効果が見込めるという。

○建物全体が空調設備のような5号棟

次は、2013年に竣工された5号棟を見てみよう。こちらは、白河データセンターの3号棟と同じ仕組みを採用している。外気を利用した効率的な空調システムを作るべく、建物全体が空調システムになるように設計。そのため、ファンを極力使わずに最大限の効果が見込める仕組みになっている。

5号棟では、年間負荷の8割を外気による自然冷却でまかなっている。空調モードは全6パターンあり、外気温を取り入れて循環させる「全量外気」のほかに、センター内だけで空気を循環させる「全量循環」などがある。温度や天候などに応じて切り替わるが、操作はすべてコンピュータ制御されている。

外壁から取り入れた空気はサーバルームの壁から吹き出し、サーバを冷却する。熱を吸収して暖められた空気は上昇し、ホットチャンバーを通り、最終的にチムニーから排気される。建物全体が煙突のようになっているため、ファンを使って排気しなくても、煙突効果と上昇気流により、ホットチャンバーに暖気が集まるという。空気を循環させない場合は、そのまま上部のチムニーから外へ排熱する。

○建設中の6号棟

新たに建設中の6号棟は、2016年12月中旬の完成を目指している。約610ラックを収容し、Yahoo! JAPANのサービスと、IDCFのクラウドサービス、コロケーションサービスを提供する予定だ。1〜5号棟と違い空調方式は水冷空調システムのみだという。

1〜4号棟、5号棟、6号棟と建設が進むにつれ、省エネ化が進む北九州データセンター。「呼吸するデータセンター」のコンセプト通り、データセンター自体が自然な循環で排熱を行っているのが印象深かった。今後も、全11棟の建設を予定する北九州データセンターの動向を見守って行きたい。

(山本明日美)