過去25年間で、世界のエネルギー効率は30%改善した

写真拡大

過去25年間で、世界全体のエネルギー生産効率は向上しているというレポートを米国エネルギー情報局が発表。その結果から、先進国と途上国の経済の変遷を読み解く。

「過去25年間で、世界のエネルギー効率は30%改善した」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国エネルギー情報局(EIA)のレポートによると、世界全体の「経済活動のためのエネルギー効率」は、過去25年間で向上している。

発表されたのは、世界全体のエネルギー・インテンシティー(対GDPエネルギー消費指数)、すなわち、生み出された国内総生産(GDP)当たりの消費エネルギー(英熱量)を計算した数字だ。高い数値は、生産に対してより多くのエネルギーを消費することを意味し、低いほど国としてのエネルギー効率がいいことを表わす。

EIAによると、1990〜2015年の25年間で、世界全体のエネルギー・インテンシティーは32パーセント減少した。EIAは、先進国と発展途上国を含む「世界のほぼすべての地域でエネルギー・インテンシティーが減少した」と説明している。

世界全体でのエネルギー・インテンシティーの減少は、世界で使われているエネルギーの総量が減少しているということではなく、世界全体の経済活動が効率化していることを意味する。

EIAは、経済協力開発機構(OECD)加盟国は、それ以外の国よりも効率がいい傾向があると指摘している(OECD加盟国は40パーセント減少、それ以外は28パーセント減少)。

OECD加盟国のほうが、エネルギー効率がいい「新しい建築物」が多い。また、すべてのOECD加盟国に「車両の燃料効率に関する規則」があるのに対し、非加盟国ではこうした規則がない国がある。さらに、都市同士の間隔が広い国は、商品や乗客の輸送のためにより多くのエネルギーが使われる傾向があるとEIAは指摘している。

ただし、OECD加盟国が非加盟国を上回るペースでエネルギー・インテンシティーを減少させている最大の理由は、OECD加盟国が「製造業ベースの経済」から「サーヴィス業ベースの経済」へと移行したからだ。

EIAでは、各国のエネルギー生産効率も計算している。これは、エネルギー・インテンシティーとは反比例の関係にある「消費エネルギー当たりの経済生産性」を評価した数字だ。こちらは、数値が高いほどエネルギー効率がいいことになる。

世界全体のエネルギー生産効率は、なかにはブラジルや中東など減少している地域もあるが、基本的には過去25年間で増大している(以下のグラフ)。特に大きく増加したのは中国で、1990〜2015年で133パーセント増えた。これは、「経済生産の増加」が「エネルギー消費の増加」の2倍あったことが大きな理由だ。同じ25年間で、米国はエネルギー生産効率が58パーセント増加した。

SLIDE SHOW chart3-1

1/3各国のエネルギー生産効率を、1990年と2015年で比較。

main-1

2/3世界のエネルギー・インテンシティー。OECD加盟国と非加盟国を比較。

03-chart2

3/3各国のエネルギー・インテンシティー/GDPとエネルギー消費をグラフ化。

Prev Next

RELATED