1日に水はどれくらい摂ればいい?覚えておくべき最適量とは

写真拡大

みなさんは、人間は夏に1日どれくらいの量の水が必要かご存知でしょうか。暑い日に水分補給をしないと脱水症状を引き起こしてしまうということは知っていても、じゃあ具体的にどれくらいの量の水を飲めばいいのかがわかっていないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、いったい1日にどれくらいの水が人間には必要なのかをご紹介します。また、季節ごとに水分のとり方にどういった注意が必要なのかを解説していきます。

■ 人間が1日に必要な水の量とは?

◎ 春に注意しておきたい水のとり方

春は気温もまだあまり高くないので、水分補給をしなきゃ!と強く意識することはあまりないと思います。しかしその考えが非常に危険で、まだそんなに暑くないからと水分補給を怠ると「かくれ脱水」とよばれる状態に陥ってしまうこともあります。人間は、1日に2.5リットルの水分が必要であると言われています。食事や体内にある水分がだいたい1.3リットルあるため、意識して補給したい量は1.2リットル程度になります。まだ暑くないからと安心せずに、こまめに水分補給をしていきましょう。

◎ 夏に注意しておきたい水のとり方

夏は暑さも本番ということもあってたくさん汗をかくため、その分たくさんの水分が必要になります。夏に注意しておきたいのは、ただ水を飲むだけでなく、塩分も同時にとっておきたいという点です。ミネラルウォーターよりはスポーツ飲料などの塩分が含まれているものを選びましょう。

◎ 秋に注意しておきたい水のとり方

秋に注意しておきたい水分のとり方は、ほぼ春と同様に考えてよいでしょう。ただし、春よりも秋のほうが空気が乾燥しているため、こまめに水分補給をして、身体にうるおいを与えてあげましょう。

◎ 冬に注意しておきたい水のとり方

冬は外の空気も乾燥しており、また室内でも暖房を使用するため、湿度が低い状態が続きます。こうした状態では人間の体からも通常よりはやく水分が失われるため、仕事中でもこまめに水分補給をすると良いでしょう。脱水症状は夏に一番多いわけですが、実は冬でも同様の症状が出てしまうこともあります。体内に充分な水分がないと人間の体は充分なパフォーマンスを出すことができません。喉が渇いたな、と思ったら、冬でもしっかりと水分補給をするようにしましょう。

■ しっかりと水分補給をして脱水症状を予防しよう

季節ごとに最適な水分のとり方をご紹介しました。しっかりと季節に合った水分補給をして、脱水症状を予防して健康な身体で過ごしましょう。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・sou 編集:nanapi編集部)