キヤノンマーケティングジャパンは、「オムロン ヘルスケア」ブランドの小型・軽量のAED(自動体外式除細動器)新製品『レスキューハートHDF-3500』を発売する。

レスキューハートHDF-3500

日本では、2004年に一般市民によるAEDの使用が許可され、公共施設や商業施設などにもAEDが設置されるようになったが、一般市民が心停止を目撃しAEDを使用した割合は約4%で、一般市民によるAEDを使用は少なく、応急手当の普及が課題となっている。キヤノンMJグループは、2009年よりAEDの販売を開始し、AEDの最適配置と心肺蘇生の普及による救命率の向上を目指し、2010年からAED心肺蘇生講習の社員インストラクターの育成を開始。今回の『HDF-3500』発売により、AEDのラインアップとともにAED販売サポート体制を一層強化し、一次救命活動の普及を通じて地域・社会に貢献していく。

『HDF-3500』は、従来機種に比べてコンパクトサイズを実現し、持ち運びと設置の利便性が向上(大きさは約1/2、重量は約1/3)。さらに防塵防水性能(IP56)により、屋外の使用も可能になった。また、バッテリーが一体型になっている電極パッド「除細動パッドパック」を採用し、除細動パッドパックは長寿命(製造から4年間)実現。キヤノンMJは、専用モデルとして5年間の消耗品交換サービスを含めた「安心パック」を標準で付属した商品を販売し、使用期限切れの消耗品の交換や使用後の消耗品補充を行なう。

製品情報

http://cweb.canon.jp/medical/aed/lineup/omron/hdf3500/index.html

文/編集部