ビーチバレーボール選手の西村晃一

写真拡大 (全7枚)

ビーチバレーボール選手の西村晃一が30日、東京・港区西麻布で開業したトレーニング施設、『BEACH HOUSE FIVE(ビーチ・ハウス・ファイブ)』を報道陣に公開。そこでは、オーストラリア産の砂が敷き詰められている"室内ビーチ"を再現。日本初という珍しさ、砂上で行うトレーニング施設を披露した。

西村は、得られる効果として「運動量やバランス感覚。また、クッション替わりとなって、怪我の心配も軽減する」と紹介した。

さらに、珍しいスタイルを取り入れると発表した。それは、ストレッチ器具『ストレッチハーツ』という、株式会社イッティが販売する商品だという。同社と提携を行い、この小さなストレッチ器具と使って、体のしなやかさを向上させるメニューも利用者に提案するそうだ。

リオ五輪への出場は叶わなかったものの、東京五輪に向けて、新たな活動拠点を手に入れた、西村。「僕は43歳になりましたが、今が一番、調子が良いです」と自信をもってコメント。そして、夫人の菅山かおる、お笑いタレントのAMEMIYAを会見場に招き入れ、ストレッチ運動の効果も説明。器具の体験会を開いていた。
▼ (左から)西村晃一、菅山かおる、AMEMIYA


▼ ストレッチ器具『ストレッチハーツ』の使用方法を紹介した






■関連リンク
ビーチトレーニングスタジオ「BEACH HOUSE FIVE」 - 公式ホームページ